Home / Google / Android / Androidのロック画面を自由にカスタマイズする方法

Androidのロック画面を自由にカスタマイズする方法

Pocket

Android端末のなかでも一番最初に出てくるセキュリティ障壁がロック画面。ロック画面がなければAndroid端末の中身に簡単アクセスができるため、設定していないと紛失・盗難の際は二次被害が及びます。

それだけ大事なロック画面ですが、皆さんは設定していますか?今回はロック画面に焦点を当ててカスマイズ方法を紹介するので、実践したうえでおしゃれさとセキュリティを両立したAndroid端末を作り上げてください。

そのほか、ロック画面が変更できない場合の対処法からおすすめのアプリ、広告についても紹介しています。

スポンサーリンク

Androidのロック画面とは?

レイ・アウト Y!mobile Android One X1 フィルム 液晶保護 指紋防止 光沢 RT-ANO3F/A1

新品価格
¥463から
(2019/2/11 11:15時点)

ロック画面とは、真っ暗な画面のAndroid端末の電源ボタンを押した際に一番始めに表示されるもののこと。ロック画面では持ち主が正当であるかどうかの確認が行われるため、情報を持っていない第三者から受ける不利益に対して保護できます。

ロック画面を解除する方法は、主に4つ存在。登録しておいたジェスチャーやスワイプをなぞる「スライド式」、パスワードやボタンの入力順をなぞって行う「パターン式」、トラステッドフェイス機能による「顔認証」、指の模様を用いる「指紋認証」があります。

顔や指紋を用いるバイオメトリクス認証に関しては自分自身が解除の鍵になるため、セキュリティ面では最も強固なパターン。お使いのAndroid端末が対応している場合は、後者2種類を使うのがおすすめです。

設定しない方法とロックをかけないリスク

スマホのロック画面は初期設定では必ず必要とするものですが、後から設定をなくすことも可能です。やり方としては設定画面の「ロック画面とセキュリティ」といった項目を開き、「画面のロック」から解除コードを入力。それから「設定しない」を選択すればロック画面を排除できます。

ロック画面をなくすメリットは、Android端末の利便性を挙げられるというものが存在。毎回表示されるロック画面の解除にかかる手間がなくなるので、スムーズな操作を実現できます。一方で、多くのデメリットも無視できません

ロック画面がなければ第三者に盗まれたり拾われたりした際に個人情報が筒抜けとなり、あらゆるログイン・パスワード情報からクレジットカードの番号まで知られてしまいます。

メリットに対するリスクを考えると、ロック画面はやはり必須。ちなみにロック解除のパターンが簡単すぎるのもNG。例えばパスワードが「0000」とかだと簡単に破られるので、なるべく自分にとってわかりやすく強固なものにする必要があります。

ロック画面の変更方法

壁紙だけでなく、ロック解除の操作や表示させるボタンなども自由にカスタマイズするには、アプリがおすすめ。

まずは、デフォルトでのロック画面の壁紙を変更する手順を確認してみましょう。

  1. 「ホーム画面」→「設定」→「画面設定」(バージョンによっては「個人設定」の順でタッチします。
  2. 表示された画面の中にある「ロック画面」をタッチします。
  3. ダウンロードした画像や端末で撮影した写真を設定したい場合は「アルバム」
  4. デフォルトの画像を利用したい場合は「(端末名)の壁紙」を選んでタッチします。
  5. ロック画面の壁紙に設定したい画像を選んで「壁紙を設定」をタッチします。

そのほか、ホーム画面の何もないところを長押しタップ、「壁紙」「ロック画面」と進んで写真またはデフォルトのテンプレートから壁紙を選択する方法でも変えられます。

次にロック解除の方法を変更する手順を確認してみましょう。

  1. 「ホーム画面」→「設定」→「セキュリティ」の順でタッチします
  2. 「画面のロック」をタッチします。
  3. 「設定しない」「スワイプ/タッチ」「フェイスアンロック」「パターン」「PIN」「パスワード」の中から、解除方法を選択して登録します。

*セキュリティを強固にするなら「顔認証」「指紋認証」を選んでください。

解除方法.パスワードとは?

パスワードは、英数字を4字以上組み合わせて設定できるもの。電源をオンにした際は文字入力用のキーボードが表示されるようになり、設定パスワードを入力することでロック画面の解除が可能です。

複雑な組み合わせを使えるためセキュリティ面を高められますが、長すぎると入力が面倒なのが難点としてあります。

解除方法.PINとは?

PINは、暗証番号の1つ。4桁の数字で組み合わされるため、最大1万近いパターンを選択できます。パスワードとの違いは、PINは数字だけかつ4桁しか使えないことです。

セキュリティ面としてはパスワードよりも不足感を感じますが、お手軽にロック画面を使いたい方におすすめします。

解除方法.パターンとは?

パターンは、3×3の正方形に並んだ点をどのように結んでいくかで表す認証方式のこと。例えば左上から左下にかけて3つの点をなぞった場合、左の列を上から下に指でなぞることでロック解除できます。

ちなみに一度通った点は再利用できないので、最大9回しか点を通過できません。なぞるだけの簡単操作で解除したい方におすすめです。

次ページ:ロック画面が変更できないときの対処法

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

HotmailをiPhone/Androidで使用するためのセットアップ方法

スマートフォンで使えるメールサ …

Facebookでのご購読が便利です