Home / Android / Androidに開発入門したい時に読みたい本

Androidに開発入門したい時に読みたい本

Pocket

手帳

今回、Androidに開発入門したい時に読みたい本について紹介します。これからはじめて開発をしていきたい方向けを中心にオススメの入門書をピックアップしています。多くの入門書がイラストなども交えわかりやすく説明があり、実際にアプリなどを作成しながら身に付けていくことができるようになっています。ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

オススメ入門書

イラストでよくわかるAndroidアプリのつくり方 Android Studio対応版

親しみやすいイラストやステップバイステップでの丁寧な解説といった基本コンセプトを抑えつつも、最新版のSDKや、Androidの新しい開発環境であるAndroid Studioに対応しています。Androidのプログラムを作りながら、自然にJavaを学ぶことができるようになっています。イラストを交えながらわかりやすく身に付けることができる初心者の方にオススメの1冊です。
1章:はじめてのAndroidプログラミング/2章:スロットマシンに画像を表示しよう/3章:ボタンでスロットマシンを動かそう/4章:スロットマシンを完成させよう/5章:プログラミングのヒントなど。

作ればわかる!Androidプログラミング第3版SDK5/Android Studio対応

2015年6月に発売された、作ればわかる!Androidプログラミング第3版SDK5/Android Studio対応は、Android SDKで実際にアプリケーションを作りながら、Androidアプリ開発の基礎知識や実践的なプログラミング方法を学ぶことができる本です。簡単操作で定型メールを送信できるアプリ、度忘れ防止アラーム、Android端末を振ると音楽を奏でるアプリ、加速度センサーを利用したゲーム、撮影写真をクラウドにアップするカメラアプリ、ジョギングの走行経路や時間、速度を記録するアプリ、Android端末をマインドストームEV3リモコンに変えるアプリなど、10のサンプルアプリ開発プログラムを作りながら、アクティビティやインテント、UI部品、イベントリスナーの使い方などAndroidアプリ開発の基礎部分や、SharedPreferenceによる情報の記録、センサー/カメラ/SQLiteデータベース/Bluetooth通信の活用といった実践応用部分までしっかりと学ぶことができます。アプリを作りながら学びたい方にオススメに本です。

アプリを作ろう!Android入門Android Studio版Android5対応

Androidアプリ開発の経験がなくても、本通りに進めていくだけでゲームアプリを作成し、公開するところまで体験できる、アプリを作ろう!Android入門Android Studio版Android5対応は、おみくじアプリを作りながら、Androidアプリの基礎知識、開発環境の使い方、画面レイアウト、コードの書き方、アプリ公開手順まで学ぶことができます。アプリを作成し、Google Playに公開までしたい方へオススメの一冊です。

やさしいAndroidプログラミング 第3版

シリーズ累計90万部を突破している人気教科書本。アプリ作りの基本をしっかりと学ぶことができます。JavaでのAndroidアプリ開発の基本ポイントを、スラスラ読める文章にイラストを交えながらわかりやすくやさしく解説されており、ひとつひとつの機能をわかりやすいサンプルプログラムを動かして、確かめながら学ぶことができる一冊です。
はじめの一歩/Javaとクラスライブラリ/Androidの基本/いろいろなビュー/グラフィック/マルチメディア/センサとマップ/アプリの連携/ウィジェット/ファイルとデータベース/ネットワーク/アプリの配布など

はじめようAndroid Studioでアプリ開発

はじめようAndroid Studioでアプリ開発の本は2015年5月に発売されており、Android Studioを使ったAndroidアプリの開発方法について基礎から学ぶことができます。プログラミングをやったことのない初心者の方でも、作れるようになる一冊です。

改訂2版 中学生でもわかるAndroidアプリ開発講座
2015年2月に発売された、改訂2版 中学生でもわかるAndroidアプリ開発講座は、タイトル通り中学生でもわかるように、イラストを豊富に使い初心者でもアプリ開発の方法が分かるよう端的に説明してあります。会話形式で解説もされており、マンガのような感覚で読み進めることができ、入門書として非常にオススメの一冊です。実際にコードを書いてゲーム開発体験も味わえる本です。
そもそもAndroidアプリって何?/道具を揃えよう/どんなアプリを作るか考えてみよう/画面を作ってみよう/プレイヤーキャラや背景を表示しよう/タップでプレイヤーキャラを上下させよう/始まりと終わりを作ろう/効果音とBGMを付けてみよう/ハイスコアを保存しよう/作成したアプリをアップロードしてみようなど

Android StudioではじめるAndroidプログラミング入門 第2版

Android Studioをベースとしながらも、Javaプログラミングの解説もあります。Android Studioのインストールやプロジェクト単位での開発の仕方や、画面周りを中心にした一般的なアプリの作り方を抑えつつ、ゲーム開発に欠かせない高速描画機能やハードウェア制御などまで学ぶことができる一冊です。

Androidアプリを作ろう【Android Studio対応版】

Androidアプリ開発にあたって、本当に基礎の基礎部分から説明されている本、Androidアプリを作ろう【Android Studio対応版】は、アプリ開発の準備/Hello worldの仕組み/レイアウトの作り方/ボタン機能を実装する/インテントについて/アクティビティのライフサイクル/データを永続化する方法、などを説明よりも実践を通しながら学習できるようにつくられています。本当に基礎の基礎から学びたい人にオススメの一冊です。

Androidアプリ開発逆引きレシピ

2014年5月に発売された、Androidアプリ開発逆引きレシピは、タッチアクションやユーザーインターフェース、センサーや課金など開発に関わる重要なポイントをカテゴリ別にまとめられるため、目的の内容を即見つけ開発の参考にすることができます。すべてのTIPSはサンプルが用意されていますので、気になったコードは都度サンプルで実際に確認することができます。

ほんきで学ぶAndroidアプリ開発入門

すでにJavaの基本知識がある人向けの教科書本です。Javaの基本知識がある前提で、Androidアプリの開発環境の構築から、基本が学べるミニアプリの作成、アプリのデバッグからGoogle Playストアに配布する方法までを解説しています。各章おごとにサンプル作成を通してAndroidアプリの作成方法を身に付けることができるようになっています。初心者向けではなく応用編の本を探している方向けの一冊です。

まとめ

今回、Androidに開発入門したい時に読みたい本について紹介しましたが、何れの本もわかりやすくまとまっています。1人で開発を進めようとすると必ず止まってしまう箇所がありますので、本などを参考にしながら進めていくのが1番効率的とも言えます。気になる本などがあれば、実際に本屋さんで試し読みして、自分に合いそうであれば1冊は持っておくと良いでしょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

7054d7ce5f213572b04c0dba3b1e5571_s

スマホのカメラを使って最高の写真を撮ろう!

スマホのカメラはどんどん進化し …

Facebookでのご購読が便利です