Home / Google / Android / Androidアプリの開発環境の構築手順

Androidアプリの開発環境の構築手順

Pocket

Androidで誰もが利用するアプリ。このアプリを自分で開発し、公開して世界中のユーザーに利用してもらえる環境が利用できるのは、Androidの最大の魅力のひとつですね。今回は
Androidアプリの開発環境の構築手順 について、ご紹介してみます。

スポンサーリンク

Androidアプリを開発するための環境に必要なもの

JDK

Java Deveropment Kitの略である 「JDK」 は、Javaプログラミングをするためのソフトウェアのセットのことで、Javaの開発元である「オラクル社」が開発し、無料で配布しています。

Android開発には、まずこの「JDK」が必要となります。Javaを使ってプログラムを動かすのですね。http://java.sun.com/javase/ja/6/download.htmlのサイトからダウンロードすることができます。

eclipse

総合開発環境と呼ばれる、Javaプログラミングをするために必要不可欠な開発ツールです。「eclipse」 は、Javaだけでなく、さまざまなプログラム言語をコーディングすることも可能。http://www.eclipse.org/のサイトからダウンロードすることができます。

SDK

Software Development Kitの略である 「SDK」 は、ソフトウェアを開発するために必要なツールのセットのこと。Windowsには「Windows SDK」、iPhoneには「iPhone SDK」といったものが用意されており、Androidで利用するには「Android SDK」が必要となります。http://developer.android.com/sdk/index.htmlのサイトからダウンロードすることができます。

開発環境を構築する

上記のツールをダウンロードし、インストールをしてみます。まずは、「オラクル」のサイトから「JDK」をダウンロード・インストールします。
これは、SDKをインストールする際に、JDKがパソコン内にインストールされていることを確認されるためなので、効率よく環境を構築するなら、一番初めにJDKを入れておいたほうがよいためです。

eclipseをダウンロード・インストール

続けてeclipseをダウンロード・インストールしましょう。http://www.eclipse.org/のサイトから、ボタンをクリックします。

SDKをダウンロード

次に、SDKをダウンロードします。http://developer.android.com/sdk/index.htmlよりダウンロードしてください。圧縮ファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動すると、JDKがインストールされているかどうかのチェックが始まります。確認されたら自動的に次の画面に移動するので、少し待ってください。画面が移動したら、ウィザードに従ってインストールを行います。

プラグインをインストール

最後に、Android SDKをeclipseからも使えるようにするため、プラグインをインストールしましょう。

プラグインをインストール

  • eclipse を開く
  • ヘルプ から 新規ソフトウェアのインストール をクリック
  • 追加 をクリック
  • リポジトリーの追加ダイアログボックスが表示されたらロケーションに http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ と入力して OK をクリック
  • 開発ツールSDKプラグイン にチェックを入れて次へすすむ
  • 使用条件の条項に同意する にチェックを入れて完了

すべての操作が正しく完了したら、eclipseを起動してみましょう。左上にある、「ファイル」→「新規」→「プロジェクト」の順でクリックし、「Androidアプリケーションプロジェクト」が選択できるようになっていれば、成功です。以上で開発環境の構築は完了です。

Android StudioでAndroidアプリを開発する


ここまでは、eclipseを使った開発環境の構築手順についてご紹介してきました。しかし、現在においてはAndroidアプリ開発環境としてeclipseを使うのは主流ではありません。Androidアプリの開発環境は、eclipseを使う他に Android Studio を使う方法もあります。

eclipseの Eclipse Android Developer Tools も2016年にサポートを終了しており、現在は Android Studio への移行を呼びかけています。統合開発環境として長らく使われてきたeclipseですが、Androidアプリ開発においては今後 Android Studio が主流になっていくものと思われます。

本項目では Android Studioのインストール手順 についてご紹介します。インストールからセットアップまで順を追って解説していきます。Android Studioを使ったことがない方はこれを機にぜひ導入してみてください。

Android Studioをインストールする

まずはAndroid Studio本体をダウンロード・インストールすることから始まります。

Android Studioをダウンロード・インストールする

  1. Android Studio公式サイト を開く
  2. DOWNLOAD ANDROID STUDIO をクリック
  3. 上記の利用規約を読み、同意します。 にチェックを入れる
  4. ANDROID STUDIO FOR WINDOWSダウンロード をクリック
  5. ※32bit版は公式サイト下部の Android Studio downloads欄 よりダウンロードします
  6. ダウンロードが終わったら android-studio-ide-xxx.xxxxx-windows.exe を実行する
  7. デフォルト設定のまま Next をクリック
  8. Completing Android Studio Setup と表示されたら Finish をクリック
  9. Do not import settings にチェックを入れて OK をクリック
  10. Nextをクリック
  11. Standard にチェックを入れて Next をクリック
  12. 好みのUIテーマを選んで Nextをクリック
  13. Verify Settings と表示されたら Finishをクリック
  14. Downloading Components が終わったらインストール完了

ここまで結構長い工程でしたが、実はまだインストールは終わっていません。現在の状態だと最低限のToolしか入っていませんので追加でSDKをインストールしておくと良いでしょう。

SDKをインストールする

SDKのインストールは SDK Manager より行います。最新のAPIは既にインストールされていますが、2つ3つ前の物は Not installed と表示されているかと思います。ここではそれらをインストールする手順を解説いたします。

SDKをインストールする

  1. 画面右下の Configure をクリック
  2. SDK Manager をクリック
  3. インストールするSDK にチェックを入れる
  4. SDKのインストールが終わったら Finish をクリック

SDKの追加インストール手順は以上となります。他にも SDK Tools タブより様々なToolをインストールすることができます。多くのものが Not installed と表示されていると思いますが、どのようなアプリを開発するかによって必要になるToolは変わってきます。Toolのインストールはここから出来ることを覚えておくと良いでしょう。

以上でAndroid Studioのダウンロード・インストールは全て完了となります。後は Start a new Androd Stuido project よりプロジェクトを作成してアプリ開発に移ることができます。思うがままにAndroidアプリを開発してみましょう。

まとめ

Androidアプリ開発環境の構築方法についてご紹介してきました。早くアプリ開発したいのに、開発環境を整えるだけでも一苦労ですよね。ですが、Androidアプリ開発するために必要な工程ですので、焦らず着実に進めてみてください。

本記事が参考になれば幸いです。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Androidのステータスバーを自分好みに!アイコン表示カスタマイズ法

ステータスバーは、Androi …

Facebookでのご購読が便利です