Home / Android / Androidアプリの開発環境の構築手順

Androidアプリの開発環境の構築手順

Pocket

Androidで誰もが利用するアプリ。このアプリを自分で開発し、公開して世界中のユーザーに利用してもらえる環境が利用できるのは、Androidの最大の魅力のひとつですね。今回は、そんなAndroidアプリの開発環境の構築手順について、ご紹介してみます。

Androidアプリを開発するための環境に必要なもの

JDK

Java Deveropment Kitの略である「JDK」は、Javaプログラミングをするためのソフトウェアのセットのことで、Javaの開発元である「オラクル社」が開発し、無料で配布しています。

Android開発には、まずこの「JDK」が必要となります。Javaを使ってプログラムを動かすのですね。http://java.sun.com/javase/ja/6/download.htmlのサイトからダウンロードすることができます。

eclipse

総合開発環境と呼ばれる、Javaプログラミングをするために必要不可欠な開発ツールです。「eclipse」は、Javaだけでなく、さまざまなプログラム言語をコーディングすることも可能。http://www.eclipse.org/のサイトからダウンロードすることができます。

SDK

Software Development Kitの略である、「SDK」は、ソフトウェアを開発するために必要なツールのセットのこと。Windowsには「Windows SDK」、iPhoneには「iPhone SDK」といったものが用意されており、Androidで利用するには「Android SDK」が必要となります。http://developer.android.com/sdk/index.htmlのサイトからダウンロードすることができます。
1

開発環境を構築する

上記のツールをダウンロードし、インストールをしてみます。まずは、「オラクル」のサイトから「JDK」をダウンロード・インストールします。
2
これは、SDKをインストールする際に、JDKがパソコン内にインストールされていることを確認されるためなので、効率よく環境を構築するなら、一番初めにJDKを入れておいたほうがよいためです。

続けてeclipseをダウンロード・インストールしましょう。上記のサイトから、ボタンをクリックします。
3

次に、SDKをダウンロードします。圧縮ファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動すると、JDKがインストールされているかどうかのチェックが始まります。確認されたら自動的に次の画面に移動するので、少し待ってください。画面が移動したら、ウィザードに従ってインストールを行います。

最後に、Android SDKをeclipseからも使えるようにするため、プラグインをインストールしましょう。インストールしたeclipseを開き、「ヘルプ」から「新規ソフトウェアのインストール」をクリックします。画面が開いたら「追加」をクリックしましょう。「リポジトリーの追加」ダイアログボックスが表示されたら、「名前」と「ロケーション」を入力します。「名前」は任意。「ロケーション」には、「http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」と入力します。

「OK」ボタンを押し、画面が変わったら、「開発ツール」と「NDKプラグイン」をクリックしてチェックマークをつけます(オン)。次へすすみ、「使用条件の条項に同意する」をチェックして「完了」です。ツールを再起動すると、「Android開発へようこそ」の画面が表示されるので、Googleへの情報提供の有無をきかれるので、いずれかを選んで官僚をクリックします。

すべての操作が正しく完了したら、eclipseを起動してみましょう。左上にある、「ファイル」→「新規」→「プロジェクト」の順でクリックし、「Androidアプリケーションプロジェクト」が選択できるようになっていれば、成功です。以上で開発環境の構築は完了です。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

f42cd8bac1597ba2dc2ea5b56575c046_s

指紋認証アプリを使ってセキュリテイ対策を!ただし、危険性も!

指紋認証と聞くと何を思い浮かべ …

Facebookでのご購読が便利です