Home / Google / Android / 失敗しない!AndroidからiPhoneへデータ移行方法まとめ

失敗しない!AndroidからiPhoneへデータ移行方法まとめ

Pocket

Googleの各アプリを使ってデータを移行することも可能です。たとえば、Googleフォトアプリを使えばAndroidの端末内写真をGoogleフォトに保存し、iPhoneへ取り込むことができますし、Google連絡先アプリを使えばAndroidの連絡先データをiPhoneへ移行できます。

写真や動画、連絡先など、移行できるデータは限られますが、各Googleアプリを使えばAndroidスマホからiPhoneへ移すことが可能です。

AnyTrans for iOS

AnyTrans for iOSのアプリを使ってAndroidスマホからiPhoneへデータを移行することも可能です。AnyTrans for iOSであれば、写真や動画、連絡先、カレンダー、音楽などをiPhoneのデータを消さずに簡単に移行ができます。

それぞれのキャリアの移行アプリ

docomo、SoftBank、auと各キャリアではデータ移行アプリも用意されています。これまで紹介した方法だけでなく、キャリア独自のデータ移行アプリを使って連絡先や写真などをAndroidスマホからiPhoneへ移すことも可能です。

docomo

docomoのAndroidスマホからiPhoneへデータ移行したい場合には、ドコモデータコピーアプリを使用する方法もあります。ドコモデータコピーアプリを使えば、連絡先やカレンダー、写真、動画などのデータをスピーディーに一括でコピーができ移行可能です。

Softbank

SoftBankのAndroidスマホからiPhoneへデータを移行したい場合は「あんしんバックアップ」を使用して移すことも可能です。あんしんバックアップを使えば、簡単に電話帳データの移行ができます。

あんしんバックアップやMove to iOSなどを使えば、AndroidからiPhoneへの機種変更もスムーズです。

au

auのAndroidスマホからiPhoneへデータ移行をしたいときは、データお預かりアプリを使う方法もあります。データお預かりアプリを使用すれば、連絡先や写真、動画、カレンダー、メッセージなどを保存が可能です。

Move to iOSやGoogleアプリ、JSバックアップなど、いろいろなデータ移行方法がありますが、データお預かりアプリという選択肢があることも把握しておきましょう。

その他

AndroidスマホからiPhoneへ機種変更する際は、LINEやゲームの引き継ぎもしっかりと行いましょう。特にLINEは引き継ぎができていないとトーク履歴や写真が消えてしまいますので気をつけなければなりません。

LINEのアカウントやトーク履歴を引き継ぐ

AndroidスマホからiPhoneへ機種変更する際は、LINEのアカウントやトーク履歴を引き継ぐことを忘れないようにしましょう。Androidスマホ側でアカウント引き継ぎ設定をオンにして、トーク履歴のバックアップをおこないます。

バックアップが完了したら、iPhone側でLINEにログインをしてアカウント引き継ぎをします。設定をし忘れた場合は引き継ぎできませんので注意しましょう。

ゲームアプリのアカウントを引き継ぐ

ゲームアプリのアカウント引き継ぎが各アプリごとに異なります。基本的には、AndroidスマホでもiPhoneでもアプリを起動してIDとパスワードを入力すればデータを引き継ぐことが可能です。

まとめ

AndroidスマホからiPhoneへデータ移行する方法は多数ありますので、自分のやりやすい方法でデータ移行をしましょう。

また、Googleフォトなどクラウドサービスを利用することでも、データ保存・移行は可能です。これからiPhoneへ機種変更を予定している方は、データの移行漏れがないように気をつけてください。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

非通知電話を拒否したい!iPhoneの非通知設定を徹底解説

非通知の着信に困っていませんか …

Facebookでのご購読が便利です