Home / Android / 【永遠の論争】AndroidとiOSはどちらが良いのか?特徴と比較

【永遠の論争】AndroidとiOSはどちらが良いのか?特徴と比較

Pocket

新しいモデルがリリースされるたびに繰り返されるのが、AndroidとiOSはどちらが優れているかという、永遠に決着のつかない議論です。そこでAndroidとiOS、それぞれの特徴と機能を比較することで、目的別にOSの選び方を考えてみたいと思います。

しかし「AndroidとiOSの優劣を問うことに意味はあるのか」という議論もあります。両者はまったく異なるコンセプトで作られています。優れているところや欠点をあげていっても、使い方の違いによる、好みの問題がクローズアップされるだけかもしれません。そこで、単なるOSの特徴だけでなく、ユーザーのニーズにも焦点をあてて両者を比較することにします。

スポンサーリンク

直感的操作かカスタマイズか

iOSを搭載したiPhoneの特徴は、なんといっても他のApple製品との連携の良さでしょう。操作も感覚も基本的に同じなので、Macを使い慣れている人なら直感的に操作できます。インターフェースもシンプルです。

一方、Androidの特徴はカスタマイズが可能なところです。ホーム画面やアイコンなどを細かく変更できる他、アプリのサイドローディングも可能です。Google Playを通さずにアプリを追加することで、端末の使い方の幅はぐんと広がります。最近では、root化してさらに複雑な設定を楽しむユーザーも増えています。

goriimg_9532071095953_tp_v

周辺アクセサリーの違い

iPhoneをはじめとするAppleのiOS機器は基本性能に忠実で、「とにかく動くこと」が大きなテーマになっています。そのためにiOSは徹底的に管理され、ユーザーは「四方を壁に囲まれた庭」の中での自由しか与えられていないとの批判もあります。

しかし、そのおかげでユーザーは洗練された豊富な周辺アクセサリーを楽しむことができるというわけです。規格が厳格に管理されているため、幅広い動作保証が確保されています。メーカーや機種ごとの差が大きいAndroidの場合、動くか動かないかは、実際に買って試してみるまでわからない、というアクセサリーもあることを考えると、これは大きなメリットです。

一方、Androidにはカスタマイズされた機種ごとに、便利なアクセサリーが数多くリリースされています。スマホやタブレットの使い方は十人十色、ユーザー毎に違います。ある使い方が広がると、いち早くサードパーティの便利なアクセサリーがリリースされるのがAndroidのマーケットの特徴です。どちらが望ましいかは、ユーザーの好みと目的次第です。

動作の安定性と電池持ち

初期のAndroid端末で起こりがちだった、操作中に「落ちる」といった問題は、ハードのスペックが上がるにつれて姿を消しました。現在のクォッドコア、2GB以上のRAMを搭載した端末では、一般的な使い方をする限り、動作の安定性という点ではiOS端末もAndroid端末にも大きな違いはないと言えるでしょう。

代って浮上してきたのがバッテリーと発熱の問題です。Androidが持つさまざまな柔軟性は、ハードへの負担によって実現されているといわれています。システムとして「軽い」iOSと同じ動作感をAndroidで実現するには、より大きな負担がCPUにかかります。その結果が大きな電力消費量です。

この問題に対処するために、多くのAndroid端末は、iOS端末よりも大きなバッテリーを搭載しています。使用時間を長くするためです。しかし、消費電力が小さくなるわけではありませんので、その分発熱量が増えます。一部のAndroid端末で発熱の問題がクローズアップされるのには、このような背景があります。

基本性能に忠実に、効率良く動作させるiOSか?多様なアプリに対応するために、パワー全開で動作させるAndroidか?ここでもOSの基本コンセプトの違いがあらわれています。

データのバックアップ方法の違い

若者のパソコン離れが進み、大学生の中にもスマホやタブレットしか使わないというケースも増えています。もはや家の中ではパソコン、外出先ではスマホやタブレットという使い分けは、必ずしも必然ではありません。「メインマシン抜き」での利用が、むしろ主流になってきています。

その時に問題になるのがデータのバックアップです。iOSの場合、iTunesで電話帳、音楽、写真などのバックアップは簡単にできます。文書データなどをバックアップするには、iCloudが用意されています。SDカードなどのメディアにバックアップするという発想は、そもそもiOSにはないと考えておいた方が良いでしょう。

一方、Androidの場合は伝統的な「記憶メディア」への依存がまだ色濃く残っています。マイクロSDカードはAndroid端末にとっては必需品とも言えます。しかし、クラウドサービスを使うには、DropboxやOneDriveなどのアプリをインストールすれば良いだけですし、Google Driveも利用できます。データ管理についての差もなくなってきました。

しかし使用感という点では、両者の間には大きな差があります。iOSの場合は、Mac、iPad、iPhoneというApple製品の間でのデータ移動や共有に主眼が置かれています。この3者の間でのデータ管理は、ストレスフリーで行うことができます。

一方Androidの場合は、あくまでも端末のデータを任意の場所に、任意の方法で保管するという、パソコンでおなじみの発想です。広い柔軟性が確保されていますが、十分に活用するには、それなりの知識と経験が必要です。

まとめ

良くも悪くも、iOSはApple社の他のハードやサービスと一体になっています。動作が保証されている一方で、アプリやソフトの改善は、新しいハードのリリースのタイミングに限られています。誰にでも使える代わりに、知識や経験があっても初心者と変わりないサービスしか受けられません。

しかし、自由が制限されていることの代償としてユーザーが享受するメリットは小さくありません。直感的に操作が可能なシンプルなインターフェースや、ハードとの組み合わせで動作が保証されたアプリなどです。iOSの端末を、誰もが使いこなすことができるのは、このようなApple社による厳しい管理があってのことです。

一方、Androidはパソコンと同じような汎用性を持っています。販売時には、その設定範囲は制限されていますが、root化しなくても「そこそこ」緩やかな管理で、汎用性が高いのがAndroidの特徴だと言えるでしょう。一部のiOSユーザーもApple社の管理から「脱獄」して、カスタマイズの自由を楽しんでいますが、それは例外的なものだと言えるでしょう。

AndroidとiOSはそもそもまったく異なるフィロソフィーで開発されたOSです。iOSはカスタマイゼーションよりも、誰にでも確実に使いこなせる快適さを追求しています。一方、Androidはオーダーメイドの使い勝手を追求したOSです。一人ひとりのユーザーが、自分にあった一台を作り上げる喜びを感じることのできる柔軟さを提供してくれます。

ハードの進歩や便利なアプリが増えたことで、AndroidとiOSの間で決定的な差はなくなっています。どちらが優れたOSか?それはユーザー自身が決めることなのでしょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

f42cd8bac1597ba2dc2ea5b56575c046_s

指紋認証アプリを使ってセキュリテイ対策を!ただし、危険性も!

指紋認証と聞くと何を思い浮かべ …

Facebookでのご購読が便利です