Home / Android / 【永遠の論争】AndroidとiOSはどちらが良いのか?特徴と比較

【永遠の論争】AndroidとiOSはどちらが良いのか?特徴と比較

Pocket

goriimg_9532071095953_tp_v

新しいモデルがリリースされるたびに繰り返されるのが、AndroidとiOSはどちらが優れているかという、永遠に決着のつかない議論です。そこでAndroidとiOS、それぞれの特徴と機能を比較することで、目的別にOSの選び方を考えてみたいと思います。

しかし「AndroidとiOSの優劣を問うことに意味はあるのか」という議論もあります。両者はまったく異なるコンセプトで作られています。優れているところや欠点をあげていっても、使い方の違いによる、好みの問題がクローズアップされるだけかもしれません。そこで、単なるOSの特徴だけでなく、ユーザーのニーズにも焦点をあてて両者を比較することにします。

スポンサーリンク

直感的操作かカスタマイズか

iOSを搭載したiPhoneの特徴は、なんといっても他のApple製品との連携の良さでしょう。操作も感覚も基本的に同じなので、Macを使い慣れている人なら直感的に操作できます。インターフェースもシンプルです。

一方、Androidの特徴はカスタマイズが可能なところです。ホーム画面やアイコンなどを細かく変更できる他、アプリのサイドローディングも可能です。Google Playを通さずにアプリを追加することで、端末の使い方の幅はぐんと広がります。最近では、root化してさらに複雑な設定を楽しむユーザーも増えています。

周辺アクセサリーの違い

iPhoneをはじめとするAppleのiOS機器は基本性能に忠実で、「とにかく動くこと」が大きなテーマになっています。そのためにiOSは徹底的に管理され、ユーザーは「四方を壁に囲まれた庭」の中での自由しか与えられていないとの批判もあります。

しかし、そのおかげでユーザーは洗練された豊富な周辺アクセサリーを楽しむことができるというわけです。規格が厳格に管理されているため、幅広い動作保証が確保されています。メーカーや機種ごとの差が大きいAndroidの場合、動くか動かないかは、実際に買って試してみるまでわからない、というアクセサリーもあることを考えると、これは大きなメリットです。

一方、Androidにはカスタマイズされた機種ごとに、便利なアクセサリーが数多くリリースされています。スマホやタブレットの使い方は十人十色、ユーザー毎に違います。ある使い方が広がると、いち早くサードパーティの便利なアクセサリーがリリースされるのがAndroidのマーケットの特徴です。どちらが望ましいかは、ユーザーの好みと目的次第です。

動作の安定性と電池持ち

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone_white

被害甚大!スマホ乗っ取りを防ぐための対処法3つと乗っ取りのサイン

あなたは「スマホは乗っ取られる …

Facebookでのご購読が便利です