初心者向けandroid講座~画像保存と画像編集アプリ

LINEで送る
Pocket

スマートフォンを使う、ほとんどの方がブラウザ・SNSを使います。
その際、出てきた画像を保存したくなる時があるかと思います。

また、保存した画像や撮影した写真を編集したくなる時もありますよね。
初心者の方向けに、その手順やおすすめのアプリを紹介したいと思います。

829767dd924c0deca870a94e52259120_s

スポンサーリンク

androidで画像保存機能を使うコツ

画像を保存する方法

android端末を利用している最中に、誰しも画像保存を行いたい場合があります。
画像保存には、インターネット中に見付けた気になる画像を保存する方法と、端末に表示されている映像をそのまま保存するやり方があります。

前者の特徴は、ブラウザに表示される画像を劣化させずに保存出来ることで、何時でもギャラリー内で閲覧が実現する点にあります。

また、保存はandroid端末の空き容量が許す限り行なえますから、この保存方法を知っておくと、沢山のお気に入り画像を残しておくことが可能です。
やり方は使用するブラウザによりますが、基本的には保存したい画面上で長押しして、表示されるメニューから画像の保存を選びます。
保存は操作次第直ぐに完了しますから、後はギャラリーを開いて、ダウンロードした画像から見付け出すことが出来ます。

一方で後者のスクリーンショットは、使用するandroid端末によって違いますが、一般的には電源ボタンと音量を下げるボタンの同時押しで実現します。

ボタンは押すタイミングがややシビアなので、いきなり本番で試すのではなく、事前に練習してコツを掴むことがおすすめです。
タイミングがズレても、音量が下がるだけか、最悪でも電源が切れるだけで済むでしょう。

しかし、画像保存をしたいだけなのに、音量が変わったり電源が切れては不便ですから、少なくても数回はボタンを押すタイミングを練習することが大切です。
androidの画像保存は、使用するアプリであったり、ブラウザなら閲覧するサイトによって違う場合があります。

アプリでも保存できる

画像も取り扱うSNSであれば、アプリの標準機能に保存機能が設けられ、メニューから保存出来るようになっています。

主要なSNSの専用アプリは、殆どが必ずと言って良い程標準装備していますから、頻繁に使うサービスであれば、アプリを導入して使いこなすようにすると便利です。
サイトを閲覧する場合、基本的にはブラウザの機能を理解するだけで、多くのサイト上の画像が保存出来るようになります。

アプリでの保存は注意が必要

保存しようとする時は、保存と書かれているメニューを選択することになりますが、初心者には間違いがちな落とし穴が一つあります。

それはリンクの保存で、一見すると画像が残せるように思えるものの、実はアドレスだけが保存される機能です。つまり、間違ってこのメニューを選択すると、肝心の画像保存が行われないので、保存されたつもりになってしまいかねません。

後で閲覧しようとしても、画像は何処にも残っていませんから、とてもガッカリして残念な気持ちになってしまうでしょう。幸い、ブラウザに閲覧履歴が残っていれば、それを辿ってもう一度ウェブサイトを表示出来る可能性があります。

同じサイトの表示を行い、画像保存の選択を間違わなければ、今度こそ画像をandroid端末に残せる結果に繋がります。アプリに保存機能が用意されていなかったり、ブラウザ操作に自信がない場合は、スクリーンショット機能の習得が問題解決の早道です。

スクリーンショットは基本的に、android端末に表示される映像を残す機能なので、アプリに保存機能があるか、保存したい画像を正しく選ぶかどうかは関係なくなります。
現在時刻やバッテリーの残量も保存されるので、その部分はスクリーンショットの欠点ですが、機能の目的や用途を考えれば、むしろ必然的な結果だといえます。

端末に保存した画像は、意図的に消したり保存先が破損しなければ、元の掲載場所が消えても残り続けます。
ただ、うっかり消したり端末が壊れてしまうことはあるので、重要な情報はクラウドに手動でコピーを取っておいたり、同期機能を使って複製しておくと安心です。

android端末で画像編集ができるアプリの紹介

fc3668cea233fc633c07a5be42ea5ebf_s

androidの特徴

androidのスマートフォンやタブレット端末の魅力は、iPhoneやiPadよりも多くのアプリが提供されていることです。

これまでパソコンでしかできなかったような高度な作業でも、携帯端末で出来るようになりました。携帯端末でもパソコンと同じようにできる機能はたくさんありますが、最近は写真などの画像ファイルの編集もできるようになりました。

従来であれば画像の編集を行うためには、多くのメインメモリを搭載したパソコンに高価なソフトウェアを購入してインストールする必要がありました。

今はandroid端末向けの画像編集アプリが数多く開発されています。これらのアプリの中にはパソコンなみに、高度な編集作業ができるものも登場しています。

androidでも簡単な編集は可能

撮影した写真の色合いを調節したり回転や上下左右を反転させる程度の簡単な編集作業であれば、androidのスマートフォンやタブレット端末に標準装備されているアプリでも十分です。
標準装備されているアプリで写真などの画像を編集する方法ですが、最初にファイル操作アプリなどを利用して写真などの画像ファイルをタップします。

すると、その画像ファイルに対応するアプリがいくつか表示されるので、これらのアプリの中からエディター用のアプリを選択すればタップ下画像ファイルの編集作業ができます。

標準搭載されている編集用のアプリの利点は操作が簡単で誰でも使えることですが、利用できる機能が限られています。
画像編集用のアプリをインストールすれば、携帯端末でもパソコン並みに高度な編集作業ができるようになります。

アプリの紹介

Google Playを起動して「画像」「編集」などのフレーズで検索すると、android用の画像編集アプリが出てきます。無料で利用できるものや、有料のアプリがあります。

パソコンで画像ファイルを加工するソフトウェアといえば「Adobe Photoshop」ですが、android版のPhotoshop(Adobe Photoshop Express)が無料で公開されています。

「Adobe Photoshop Express」は初期設定を行う必要がないのでインストール後にすぐに利用でき、複雑な編集作業も可能です。
プレビュー画面を見ながら編集することができるので、画像の編集作業に慣れていない人でも簡単に使えます。

アプリ上からカメラを起動して写真を撮影して、撮影後すぐに編集作業を行うこともできます。スマートフォンやタブレット端末で写真を編集したい人には、「Adobe Photoshop Express」が一番おすすめのアプリです。
プログラムのファイルが小さめで軽いアプリを希望する方には、「Polarrフォトエディタ」がおすすめです。

このアプリは容量が10MBと小さいのですが、色合い、彩度、コントラスト、ノイズ除去などの基本機能に加えて、トーンカーブ機能も付いています。Polarrフォトエディタは公開後、たったの2週間で100万ダウンロードを記録した人気アプリです。

撮影した写真にデコレーションやコラージュ、ぼかしなどを入れることができる遊び用の画像編集アプリもあります。遊び用の編集アプリであれば、「Photo Grid かんたんコラージュ」がおすすめです。

撮影した写真にイラストやスタンプを追加して、オシャレな画像を作成することができます。このアプリには、画像と音声を組み合わせてスライドを作成する機能も付いています。操作方法が非常に簡単なので、画像を編集した経験のない人にもおすすめのアプリです。

他にも多くの画像編集用のアプリが公開されているので、android端末を利用している方はGoogle Playで探してみるのはいかがでしょうか。

最後に

いかがでしたか?これで、画像の保存や編集もお手のものですね。
本記事をぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です