初心者向けandroid講座~ゲームとカーナビ機能を使おう

LINEで送る
Pocket

Androidには様々な用途がありますよね。

今回はその中でも、ゲームとカーナビという利用方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

c97e1380fc8b27d54f279cace209dd5b_s

android端末でプレイできるおすすめゲーム

生活を豊かにする機能が満載

androidは電話やメール、SNSといったコミュニケーション手段として非常に有用で、文書作成や表計算をはじめとするビジネスアプリ、さらにスケジュール管理やメモ帳など日々の生活を便利にしてくれるアプリを使うことが可能です。

しかし、こういったビジネス用途やライフスタイルに関係するアプリだけではなく、毎日をより楽しく過ごすことを可能にするゲームアプリも豊富に揃っているのです。

androidには多くのおすすめゲームがあり、スマートフォンやタブレットという家庭用ゲーム機よりも普及していて持ち運びが出来る端末でプレイすることに向いているタイトルが揃っています。

おすすめのゲーム

まず挙げられるタイトルは「マインクラフト」です。

世界中で大人気になっているゲームで、androidだけでなくパソコンや家庭用ゲーム機でも多くの人がプレイしています。

広大なフィールドに降り立ち、洞窟を探検したり自然にある木々から素材を採取し、自分が作りたいものを自由に作ることがテーマになっていて、自由道が非常に高いことが特徴です。

ストーリーは強制ではなく進めなくても良いため、時間が空いたときに手元にあるスマートフォンやタブレットで気軽にプレイすることに向いているのです。

マインクラフトの世界はブロックで出来ていて、ブロックを積み上げることでプレイヤーが想像できるものはほぼ全て作ることが可能です。

家や城をはじめとする建物や地下階層もあるダンジョン、天高くそびえる塔などを作って自分だけの世界を構築できます。

そのブロック自体も自分で生み出すことが出来るためやるべきことは多くありますが、その全てが楽しめます。

パソコン版や家庭用ゲーム基板と比べると表示される土地の範囲や配置されるオブジェクトの数が劣りますが、インターネットに接続して他のプレイヤーと協力プレイが出来るなど多くの面で共通点があります。

加えて、android版はパソコン版の3分の1程度の価格で購入できます。操作方法もキーボードやコントローラーではなくタッチパネルに特化しているためスマートフォンやタブレットで操作しやすくなっているのです。

「ゴートシミュレーター」は、プレイヤーが山羊となって世界を自由に行動できるゲームです。

もともとはパソコン向けのタイトルとして開発されましたが、一部のユーザーから絶大な人気を得たことでandroid版もリリースされました。

山羊になったプレイヤーは、人間世界にある建物や自動車などを破壊したり、人間そのものにダメージを与えることも可能です。

自由な山羊がいたらどうなるかということをシミュレートできるソフトでもあるのです。

非常に大味なゲームなので友人たちと同じ画面を見て騒げるタブレットでのプレイがおすすめです。

古くからゲームの一台ジャンルとして定着している脱出ゲームもあります。「The Room」は、プレイヤーの分身である主人公が錬金術師の部屋に入ると異世界に飛ばされてしまいます。

錬金術師が残した装置に隠されている謎を解いていくことで異世界からの脱出を図るゲームです。グラフィックが高画質で、様々なギミックを扱う楽しみが増大しています。

簡単に解ける内容ではないため、頭を使うゲームが好きだったり、長時間の電車移動で腰を据えてゲームが出来るときに取り組みたいタイトルだと言えます。

androidでは無数のゲームがリリースされており、他にもおすすめゲームが数え切れないほどあります。

無料タイトルも多いので、自分でダウンロードしてプレイし、おすすめゲームを見つけたら友人や知人に教えてみましょう。

スマートフォンやタブレットを所有している人は多いので、同じ楽しみを共有できます。

カーナビの代わりとしてandroidを使う

0

カーナビとして使う人が増えている

最近ではスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にはGPS機能が搭載されているために、ポータブルナビゲーションとして使う人が増えています。

ひと昔前であれば、端末の性能や地図の精度の問題に加え、膨大な通信費用がかかってしまうために、モバイル端末のナビゲーション利用はあまり使えるものではありませんでした。

しかし、現在はギガバイト単位の通信量を無料もしくは格安で使えるようになり、ナビゲーションとしての利用は当たり前となっています。

特に新しく車を購入する際には、カーナビにかかる費用はそれなりのものになります。

また、これらの機種にはナビゲーション機能だけでなく、TVや音楽などの機能が複合されています。

単にナビゲーション機能だけあれば良いという方や、なるべく購入価格を安くしたい方にとっては、スマートフォンをポータブルナビゲーションとして使うという選択肢があります。

また、レンタカーを借りる際に、カーナビを有料オプションにしているレンタカー会社もあり、このような場合にもスマートフォンを代わりに使えばレンタカー代を安くすることができます。

アプリをダウンロードする

スマートフォンをカーナビとして使用する際には、ナビゲーション機能をもつアプリを使うことになります。

現在、ナビゲーションに使える地図アプリが多く開発されています。

しかし、最も手っ取り早い方法は、スマートフォンのOSに標準でインストールされている地図ソフトを使用することです。

ここではandroidを搭載したスマートフォンやタブレットを利用することを前提に説明します。

android OSには標準でGoogle Mapという地図アプリがあります。

この地図アプリを開くと、経路というボタンが表示されますので、そこをタッチします。タッチすると現在地と行き先の入力欄が出てきます。

そこで、行き先入力欄に行きたい場所の地名・住所等を入力すると、いくつかの経路が表示されます。自分が使いたい経路を選択し、あとは開始ボタンをタッチするだけで、自動的に経路案内が開始されます。

ただし、自分の位置情報を知らせる機能をOFFにしていると、GPSが機能しないためにナビゲーションはできません。

位置情報機能がOFFになっている場合は、android OSの設定アプリを開き、その他を選択すれば位置情報のON/OFFボタンでONにすることができます。

Google Mapは、地図の更新頻度も高く、また日本国内だけでなく海外でも使用できるため、非常に有用性の高いアプリとなっています。

残念ながら、経路案内の機能は専用のカーナビと比較すると劣る部分もあります。渋滞の回避等はやはり専用の物の方が断然良いです。

しかし、単に大まかな経路を知りたいのであれば全く支障が無い程度に使うことが可能です。

また、たいていの場合は、選択肢として表示される経路は最も標準的な経路が表示され、裏道だらけのマニアックなものは出てきませんので、知らない道を安全に運転するにはちょうど良い経路が選択されると思ってよいでしょう。

また、専用のナビの場合、地図やソフトの更新が面倒なことがあります。

しかし、Google Mapであればスマートフォンのアプリ更新時に自動的にアップデートされるため、あまり気にすることはありません。

また、上述したように地図の更新頻度も高いために、常に最新の情報をもとに経路案内されることになります。

このように、androidを搭載したスマートフォンやタブレットは、カーナビとしてかなり有効に使うことが可能です。

Google Mapを使えばアプリ自体もデフォルトでインストールされており、無料で使用可能です。さらに、地図の更新頻度も高いことから、一般的な経路案内として使うには十分な機能があります。

まとめ

いかがでしたしょうか。

どちらも、生活を豊かにしてくれる、とても便利な機能です。

ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です