android端末でのフォントの変更方法

LINEで送る
Pocket

スマホを使う際に毎回目にするフォントですが、スマホを使う上でしっくりくるかどうかはフォントによるところも大きいです。
そこで、今回はandroid端末でのフォントの変更方法やおすすめの設定の仕方などをご紹介します。

スポンサーリンク

フォント設定の重要性

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s
スマートフォンやタブレットを使用する際、具体的な理由は分からなくても、何故かしっくりこないことがあるものです。
考えられる理由の1つとしては、フォント設定が好みに合っていない可能性が挙げられます。

フォントはandroid全体に指定されているものに加え、アプリ単位で設定されているケースもあるので、場合によっては統一感が感じられないこともあるでしょう。
しかし、画面の表示に納得できない最も大きな原因は、やはりandroidの工場出荷時の設定だと考えられます。
標準の設定は、あくまでも端末のメーカーが使いやすさを重視して決めているので、誰にとってもすんなりと受け入れられるとは限りません。
むしろ、あまり気に入っていない状態で使っている、ということもあり得ますから、好みでなければ思い切って設定を変えてみることをおすすめします。

androidの見た目の変更は、全てが設定アプリから行えるので、一度使い方を試してやり方を覚えると良いでしょう。
設定からディスプレイを辿り、次にフォントの項目を選択すると、フォントサイズやスタイルが変更出来るようになります。
これに関しての詳しい説明は下記の通りです。

フォントの変更の仕方

smartphone-312816_960_720
android端末では、全ての機種でフォントサイズを変更することができます。
文字の大きさを変更する方法は、「設定」画面を開き、「フォントサイズ」をタップします。すると小、中、大、極大の4種類から選ぶことができます。

フォントを変更できる機種とできない機種

フォントの種類については、機種やシステムのバージョンによって変更ができる場合とできない場合があります。
フォントの種類も変えられる場合には、「設定」画面を開くと「フォント変更」の項目が表示されます。この項目内にある複数のフォントから選ぶことができます。
ちなみにGalaxy、Xperia、富士通、SHARP製の一部のスマートフォンでは、設定画面からフォント変更ができるようになっています。その他メーカーのスマートフォンやタブレット端末の多くは、フォントを変えることができません。

フォント変更ができる機種であれば、デフォルト以外のフォントをダウンロードして使用することができます。
一覧に好みのデザインがない時、端末によっては新たにダウンロードして、標準では用意されていない種類を追加することも可能です。
有料のタイプも含まれますが、世界中には膨大なデザインがありますし、日々新しく追加されているので、高確率で好みに合うものと出合える期待感に結び付きます。

アプリを利用した変更方法

アプリを利用してフォントを変更する方法ですが、Google Playを起動して「フォント」で検索します。
検索結果として、アルファベットや日本語、その他の言語のフォントアプリが表示されます。これらの中から好きな物を選んでインストールします。
インストール後にアプリを起動して、表示されるフォントの種類を変更します。

「設定」画面でフォントを変更できる機種であれば、フォントアプリを利用して自分の好きな文字に変更することができます。
「設定」画面の中で「フォント変更」の項目が存在しない機種の場合は、基本的にユーザーがフォントを変更することができません。
新しいバージョンのandroidシステムであればフォントを自由に変更できる機種がありますが、古いバージョンであれば自由にフォントを変更することができません。

また、フォントアプリではなく、一般的なアプリに関して、フォントの変更が適用されない場合もありますが、これはアプリの設定がOSよりも優先順位が高いからといえます。
このタイプのアプリは変更が困難なので、アプリのメーカーに要望を伝えたり、将来的な対応を待つのが現実的です。

所が、一般的なアプリの中には、表示がOSの設定と共通化されていたり、独自に変更機能を設けている製品が少なからずあります。
つまり、大抵の場合は見た目の変更が可能なので、試しにOSやアプリの設定を変更してみると、好みに合わせて変えられるかどうかが直ぐに分かります。

rootを使った裏技

どうしてもフォントを変更したい場合には、root化と呼ばれる処理を行う裏技があります。
androidのシステムはLinuxをベースにして作成されているので、システムにログインする際のアカウントの種類によって権限を定めることができます。
最も権限が強いアカウントはrootで、システムに対して全ての変更や設定ができます。ところがandroid端末を利用するユーザーはroot権限を持たず、メーカのみがroot権限でログインできるように設定されています。
端末によってはroot権限によってユーザーがフォントの変更ができないように制限されています。端末の利用者(ユーザー)がroot権限を手に入れることができれば、自由にフォントの変更ができるようになります。

root化する方法はいくつかありますが、一番簡単な方法はroot化用のアプリをインストールして起動することです。
root化アプリは機種ごとに使用できる場合とできない場合があるので、失敗したら別のアプリを試してみることができます。
どうしてもアプリで変更ができない場合には、パソコンにroot化のためのソフトウェアをインストールして、USB接続を行って端末の権限をroot化することができます。
root化に成功すれば通常はアクセスすることができない端末のシステムファイルを自由に変更することができるようになるので、フォントの変更ができるようになります。

注意すべき点ですが、端末のユーザー権限をroot化することは「改造」を行うのと同じで、メーカーのサポートが受けられなくなる恐れがあります。
さらに、android端末はroot権限で使用するようには設計されていないため、何らかの不具合が発生する恐れがあります。
最悪の場合、充電や使用時に発火したり、システムが起動しなくなってしまう恐れもあります。
このため、端末のroot化をする場合には、自己責任で行うようにしましょう。

おすすめのフォントや文字設定

book-2135769_960_720
見た目を変えたい場合は、スタイルを変更するのが手っ取り早く、標準以外を選ぶことで大幅にandroidの印象が変わります。

視覚的に可愛いポップ体

ポップは文字を丸く、見た目を可愛らしくしてくれるので、視覚的な可愛いもの好きの人に最適です。

プライベートでは良くても、ポップだと仕事に支障が出るという時は、標準に近い丸ゴシックがおすすめ出来ます。
文字通り角が丸いデザインなので、毎日堅苦しい書類に目を通す人にとって、一時の癒やしとなる可能性があります。
また、万が一誰かに画面を見られたとしても、このフォントなら趣味の一環として、十分に受け入れられる余地があるでしょう。
ポップでは流石に、可愛いを超えてやや子供っぽさが強調されますから、使用する状況を考えて設定することが必要です。

おすすめの文字設定

一方、老眼が進み小さな文字が見辛い場合は、サイズを変更すると好みに合わせやすくなります。
サイズは指でスライドさせるだけで変更可能ですから、無理なく見える大きさになるまで、調節しながら試行錯誤することがポイントです。

逆に文字を小さくし過ぎてしまうと、設定を戻すのに一苦労するので、指のスライド方向を間違わないことが肝心です。
ただ、サイズを過剰に大きくしてしまえば、今度は大き過ぎて見辛い、といった結果にもなりかねません。
過剰は不足と変わらなくなりますから、標準よりも少し文字を大きく、この程度から最適を探し始めると効果的でしょう。
更に、大き過ぎるサイズは表示を崩してしまうので、表示のバランスを見ながら、使いやすいandroidの形を見付けることが大切です。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です