Androidで使えるおすすめカーナビアプリ

LINEで送る
Pocket

いまや個人の持ち物必須アイテムとなったスマートフォンやタブレット。Androidにはカーナビアプリがあり、お出かけの際にも非常によく役立ちます。

本記事ではAndroidの代表的なカーナビアプリを3つご紹介します。Androidのカーナビアプリを使用して、より便利に使いこなしてみましょう。

スポンサーリンク

Androidで使用できるおすすめのアプリ

1.Googleマップのナビ機能

10_navi_googlemaps

Androidタブレットやスマートフォンを購入したら、ほぼ間違いなくプリインストールされているアプリ。

地図として利用するだけでなく、航空写真やストリートビューも見ることができるほかに、優秀なナビ機能もついています。車・公共交通機関・徒歩などでの移動経路、移動時間を確認することができ、ナビ機能では、有料道路を使うなどの複数のルートから希望のルートを選ぶことができます。

Googleマップのナビは自分のいる位置を正確に素早くとらえてくれますので、もし道を間違ってしまった場合でもすぐに再度道順を案内してくれますし、案内中のルート以外にも複数候補がある場合はそのルートも所要時間と共に表示してくれます。

ただ、ときに”えっこんなところ通るの?”といったような案内をされることもあります。大きい道路を行けばいいのに細い小道を回ってぐるーっと・・・なんてことも経験したことがありますので、注意は必要かもしれません。また、進行方向を示す案内標識や車線などの案内もありませんので、初めて走る道路だと戸惑うこともあります。道なりに進んでいればよいというわけにもいきませんので、あらかじめ曲がるポイントなどを確認しておくとよいかもしれません。

2.Yahooカーナビ

10_navi_yahoo

Yahoo!Japanの会員登録後、利用できるアプリです。

無料アプリの中ではかなり本格的なカーナビで、駐車場の空き情報やガソリン価格なども教えてくれます。また、高速道路を利用する際の料金やレーン(ETCなど)の案内のほか、車線変更の案内や標識なども見やすく表示されます。また、ルート沿いの店舗もわかりやすいので、コンビニや駐車場などもすぐに判断できます。昼モード・夜モードがあり、暗くてわかりにくい道でも安心してナビを頼ることができます。

複数の経路を選ぶことはできないため、一般道路か高速道路かいずれかの選択になります。また、利用できるのは日本国内のみに限られていますので、注意しましょう。

3.ナビロー

10_navi_nabiro

Googleマップのナビ機能やYahooカーナビと同じようになめらかな動きでルートを案内してくれるアプリです。2画面で全体の経路と自分が知っているレーンがすぐにわかるので、車線変更に戸惑うこともありません。

リアルタイムに渋滞状況を教えてくれるので回避することも可能。他のナビアプリと比較して違う点は、ドライブレコーダーが搭載されていること。万が一の時にも役立つ!というのがポイントです。さらに、オービスや取り締まり情報も音声でアナウンスしてくれるため、安全運転地域などはすぐにわかります。

そして何よりも嬉しいのが、省パケット通信であること。カーナビを利用しているとどうしても大きなデータ通信が気になってしまいます。ナビローは他社と比較してもはるかに少ないパケット通信で利用できるのがいいですね。

Androidのカーナビアプリのまとめ

まだまだ他にもたくさんのカーナビアプリがありますが、どれを利用するかは実際に使ってみるのが一番。ただ、あくまでも無料アプリですので、高架の多いところやトンネルの多いところなど、いつも必ず確実に機能してくれるとは限りません。有料か無料か、それぞれ自分に合ったアプリを利用して安全運転で快適なカーライフを楽しんでください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です