Home / Google / Android / Androidで一番おすすめできるカメラアプリと綺麗に撮影するコツ

Androidで一番おすすめできるカメラアプリと綺麗に撮影するコツ

Pocket


Android端末に対応しているカメラアプリは本当にたくさんの種類があって、どれを使えばいいのか迷ってしまうことも多いでしょう。

もちろんプリインストールされているカメラアプリで十分。というユーザーも多いと思いますが、高画質なもの、ちょっと変わった機能がついているもの、SNSに対応しているものなどそれぞれのアプリの特徴などを吟味して自分の目的に合ったカメラアプリを使ってみるのも楽しそうです。

今回はその中でも プロ顔負けのスマートフォンとは思えない高画質な機能が付いたアプリ をご紹介します。

スポンサーリンク

Cameringo+エフェクトカメラ

3_cus1

提供元:Perraco Labs ¥350
シンプルでスタイリッシュ、超高速でリアルタイムな写真を撮影できるカメラアプリ。まさに「美しい写真」をとるための機能がたくさん用意されています。

まずは撮影時、明るさやコントラストなど実際の写り具合をリアルタイムで調整することができるので、その時その時のシーンに合わせて最適な設定をするのはもちろん、正確な写真を撮影するためのグリッドや「地平線レベルインジケータ」を表示して写真の角度をコントロールすることで、本格的な写真を撮影することができます。
3_cus2

「tinyplanet」を利用すれば、小さな惑星の写真を作成したり、lomo LC=Aエフェクトなどを利用してトイカメラ風の写真を撮影したりと遊び心も抜群です。

バーをスワイプすれば瞬時にズームができるほか、パノラマ写真や20秒程度のGIF動画撮影などもできます。lomoフィルターの他、「芸術絵画スタイル」「アニメスタイル」「ビンテージ」「レトロ」「アナログ」など数種類のフィルターがあり、これらはすべてカスタマイズすることができます。また、デュアルスクリーンで加工前と比べながらフィルター効果を利用することができます。

3_cus3

200種類を超えるエフェクトを利用して、モノトーンなどの自分の好みに合わせた色合いや魚眼レンズ、広角レンズなどの効果をあれこれと試しながらオリジナルの写真を作成することもできます。

また、フレームも38種類用意されており、撮影から加工までをこのアプリで設定することができます。アニメ風のエフェクトに白いフレームを付けてみたりなどの組み合わせも自由自在。これらのエフェクトなどは更新により追加されていきますので、どんどん新しい機能を楽しむことができますね。

その他の機能として、フラッシュ機能はもちろんのこと、手ぶれ補正、サイレントモード、ヒストグラム、シークレットモード、自動露出ロック、GPS位置情報のタグ付け、ガイドライン、マクロ撮影、ガイドラインなどの機能があり、さらに正方形の写真を撮影するためのオプションも搭載されているので SNSとの連動でよく利用されているカメラアプリ「instagram」への取り込みも簡単にできるのです。

Androidのおすすめカメラアプリ3選


上記でご紹介した Cameringo の他にも、おすすめカメラアプリはいくつもあります。GooglePlayから無料でダウンロードできるものに絞ってご紹介していきます。

①カメラ360

GooglePlay カメラ360はこちら

テレビで取り上げられたこともあり、人気のカメラアプリの一つです。デカ目、歯のホワイトニング、唇補正、鼻補正、小顔など、自撮りに適した ビューティー&メイク機能 が盛りだくさん。有名モデルや人気SNSユーザーも利用している大人気自撮りアプリです。

②Foodie

GooglePlay Foodieはこちら

食べ物撮影に特化したアプリ。おいしく、ポジターノ、スパークリング、ピクニック、スウィート、フレッシュ、ニクニク、ロマンティック、サクサク、もちもちといったライブフィルターが搭載されています。SNSにアップする食べ物の写真をアップする時は Foodie がおすすめです。

③Open Camera

GooglePlay Open Cameraはこちら

多機能ながら無料であり、さらに広告も一切入らないカメラアプリ。フォーカスモード、シーンモード、カラーエフェクト、ホワイトバランス、ISO、露出補正/ロック、顔検出、トーチ、アンチバンディングと豊富な撮影モードを搭載しています。「Androidの標準カメラの機能では物足りない」 という方におすすめです。

Androidのカメラで綺麗に撮影するコツ

カメラアプリを新しくインストールして使うのも良いですが、実はAndroidにプリインストールされているカメラアプリでも十分綺麗に撮影することができるんです。

標準アプリでも綺麗に撮影するためのコツ をご紹介します。このポイントを抑えておけば、より綺麗で美しい写真を撮ることが出来るようになると思います。また 「カメラアプリを使ってもうまく撮れない」 とか 「Androidの容量を抑えたい」 という方にもおすすめです。

①脇を締めて撮影する

Androidのカメラで撮影するときは 手ぶれが一番の敵。撮影時には脇を締めた姿勢でシャッターを押しましょう。Androidカメラに限らず、何かを撮影するときの基本中の基本と言われており、最も注意するべきポイントとなります。

最初は難しく感じるかもしれませんが、カメラを動かさないことを第一に意識して繰り返し撮影していれば身についてくると思います。諦めずに頑張ってみてください。

②オートフォーカスに頼らない

撮影するときは ピントを合わせる ことが大切です。その際、Androidカメラアプリに搭載されているオートフォーカス機能は使わず、手動でピントを合わせるようにしましょう。

オートフォーカス機能では、意図していない物にピントを合わせてしまうことがあり、写真がぼやけてしまう原因となります。手動のピント合わせは手間がかかってしまいますが、より綺麗に撮影することができます。Androidカメラアプリでは被写体をタップでピントを合わせることができます。

③フラッシュはOFFに

夜間や暗い場所での撮影ではフラッシュ機能を使ってしまいがちですが 綺麗に撮れない白飛びしてしまう などの原因になります。

フラッシュ機能を使わなくても綺麗に撮れるように様々な機能がついています。基本的にはフラッシュ機能はOFFで撮影しておき、どうしても明かりが必要な場合にONにすると良いでしょう。

④撮影モードを把握しよう

Androidカメラには、色々な撮影モードが搭載されています。デフォルトの撮影モードだけでも綺麗に撮影できますし、困ることもないと思います。ただ、他の撮影モードの特徴を抑えておくと様々な場面で活躍したりとメリットも多いです。

撮影モードの特徴を抑え、使い分けることでさらに綺麗な写真を撮ることができるでしょう。それぞれの撮影モードで実際に写真を撮ってみて違いを確かめてみてください。意外な発見があるかもしれません。

⑤撮影は「画面をタップ」で

Androidカメラの撮影トリガーをシャッターボタンで行うと手ぶれの原因となってしまいます。シャッターボタンは硬く力を入れる必要があるためですね。ここまでのコツを抑えても撮影の瞬間に手ぶれが発生したら元も子もありません。

このような事態を避けるために、撮影トリガーは 画面をタップ に設定しましょう。画面に軽く触れるだけでよいので、場所的にも押しやすく、力も要りません。ほとんど手ぶれも発生しません。

Androidのおすすめカメラのまとめ

いかがでしょうか。本格的に写真を撮りたい方も、ちょっと変わった楽しい写真を撮りたい方もこのアプリ一つで思い通りの写真を撮ることができます。

上記で紹介した機能はすべて有料のものに入っていますが、まずは「Cameringo Liteエフェクトカメラ」無料版を利用して試してみるのもよいでしょう。

無料アプリとは思えないほどの高機能・高画質な写真を撮影できること間違いなしです。その他のアプリとしておすすめなのは、有名な高画質カメラアプリ「Camera ZOOM FX(¥300)」。オートフォーカス、ピント合わせなどの基本調整はもちろん、ハードウェア微調整、ホワイトバランス、夜撮影モードなどの機能も充実しており、レトロ調、トイカメラ調、ポラロイド調などのフィルタ機能も40種類と豊富に用意されています。

他にもまだまだ優れものアプリはたくさんありますが、上でも記述したSNSとカメラ機能の組み合わせで有名な「instagram」で世界中の人が撮影した写真を見たり、「変身カメラ!」や「漫画カメラ」などのユニーク感満載のカメラアプリを使って楽しむのもよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Google Pixel3 XLの特徴とサイズ、容量、カメラ、料金

2018年11月1日に発売され …

Facebookでのご購読が便利です