Home / Android / Androidでバックアップを取る手順

Androidでバックアップを取る手順

Pocket

iPhone(アイフォン)なら、iCloud(アイクラウド)という総合的なバックアップストレージが備わっており、iPhoneユーザーなら簡単に使えますが、Androidユーザーの方も定期的にバックアップを取ることが大切です。

電子端末は、突然電源が入らなくなってしまったり、落として水没してしまったりすれば、大切なデータがすべて消えてしまうことにもなりかねません。故障してからでは、正常な操作ができなくなってしまい、バックアップを取ることもできなくなる可能性があります。万が一の不慮の事態に備えて、日ごろからバックアップを取っておくことが必要です。

Androidにはバックアップを取るための専用ソフトが標準搭載されていないため、microSDカードへのバックアップを利用する方法があります。また、端末をパソコンに接続してデータをコピーしたり、バックアップ用アプリを使用する方法があります。また、機種によってバックアップ方法が異なる場合もありますので、しっかりと説明書で確認しておきましょう。

LINEのトーク履歴などの各アプリのバックアップはそれぞれアプリごとに必要となるものもありますので、個別でのバックアップ方法を確認しておきましょう。

本記事ではAndroidのバックアップの代表的な3つの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

microSDカードへのバックアップ

android

AndroidスマホにはiPhoneにない、リムーバブルなSDカードというカードがセットできますので、バックアップするには、何かと便利なことが多いです。
1.ホーム画面から「設定」→「microSDと端末容量」→「microSDバックアップ」の順でタッチしていきます。
2.どのデータをバックアップするかを選び、チェックボックス内をタッチします。(?マークがつきます)
3.画面上部の「保存」をタッチ、画面下部の「開始」します。
処理が終われば、バックアップ完了です。

PCと接続してバックアップ

1.PC内にバックアップ先のフォルダーを作成しておきます。(作成したフォルダーはダブルクリックして開いておくと操作しやすくなります。
2.Android端末とPCをUSBケーブルを使用して接続します。
3.PC上の「コンピュータ」フォルダのなかに、Android端末の機種名が表示されますので、ダブルクリックして「内部ストレージ」フォルダを開きます。
4.バックアップしたいファイルやフォルダを選択し、1.で作成したバックアップ先のフォルダー内にドラッグします。→ファイル・フォルダーのコピーが出来上がります。
※ バックアップ先のフォルダー内へマウスを動かしたとき、マウスポインタの右下に「(バックアップ先フォルダ名)へコピー」とポップアップが出たことを確認してから手を離しましょう。

内部ストレージ内のフォルダ

DCIM:Android端末で撮影した写真が保存されています。
Picture:LINEで保存した画像やスクリーンショットの画像が保存されています。
Music:ダウンロードした音楽データなどが保存されています。
media:音楽・ビデオ動画などのデータが保存されています。

アプリを使用してのバックアップ

バックアップアプリはたくさんの種類がありますが、ここでは「JS Backup」を使って、Dropboxへバックアップを取る手順をご紹介します。あらかじめ「Dropbox」(ドロップボックス)をダウンロード・インストールし、アカウントを取得しておく必要があります。

なお、Dropboxの無料プランの容量は2GBです。写真などを多くバックアップする場合はすぐいっぱいになりますが、月1000円で1TBの容量のProと月1500円で無制限の容量のビジネスがあります。

また、まだアカウントを持っていない人に招待リンクをクリックしたり、「スタートアップガイド」を完了させたり、FacebookやTwitterとリンクさせることで、さらに無料容量をアップさせることができますので、是非お試しください。

1.GooglePlayから「JS Backup」をダウンロード・インストールします。
2.アプリを起動し、「バックアップ」をタッチします。
3.バックアップ先の「変更」を選び、バックアップ先を「Dropbox」にします。この時ログイン画面が表示され、Dropboxに登録したメールアドレスとパスワードが必要となる場合があります。
4.バックアップするデータ「変更」を選んで、バックアップを取りたいデータを選びます。
5.4.の画面で「確定」ボタンを押すと、バックアップ先「Dropbox」と選んだ「バックアップデータ」が表示されますので、確認をして「スタート」をタッチします。
6.「このまま実行」のメッセージが表示された場合は「確定」をタッチします。
7.履歴サーバの利用許諾画面は「協力する」「協力しない」どちらを選んでもかまいません。
8.処理が終われば、バックアップ完了です。

復元を行う際は、アプリ起動後「復元」をえらんで、バックアップ先を「Dropbox」設定したら、あとは手順に沿って進めるだけ。復元ファイルを確認して「スタート」をタッチし、処理が終われば復元の完了です。

LINEのトーク履歴のバックアップ

それでは近年、多くのユーザーがいるトークアプリLINEの履歴のバックアップを取る方法をご紹介します。

LINEのバックアップ機能の特徴

iPhone版のLINEは以前より、iCloudでのバックアップが出来たので楽でしたが、Android版のLINEはトーク履歴のバックアップや移行・復元が複雑で面倒でした。

また、特定のトーク履歴をとっておくために便利な「KEEP(キープ)」という機能があるのが特徴です。

近年になって、トーク履歴をGoogle Driveに一括でバックアップできる機能が追加されたことにより、Android版LINEも、iPhone版のLINE並にバックアップが簡単になりました。

バックアップを取っておくべき理由

LINEのバックアップを取る方法を知らずに、機種変更をしたり何かの不具合でLINEを再インストールしなければならない事態に陥ったら、今までのトーク履歴やアドレス帳がすべて消えてしまい、最初から作り直すことになってしまいます。これは本当に悲しいことですので、不測の事態に備え、普段からバックアップを作っておきましょう。

バックアップを取る手順①

バックアップはGoogle Driveに取ります。Google Driveとは、Google が提供するクラウド・ストレージサービスで、トーク履歴はもちろん、写真や動画、ファイルなど15GBまでが無料で使えます。

Androidユーザーならば、Googleアカウントはすでに登録されているはずですので、特に面倒な登録の必要はなく、Google Driveを使えるようになっています。

まず、スマホのOSとLINEのバージョンを最新のものにしておくのが大前提です。古いバージョンでバックアップすると、復元できなくなる可能性があるからです。

バックアップを取る手順②

LINEの「その他」タブ→設定(歯車マーク)→トーク・通話→トーク履歴のバックアップ・復元をタップします。

バックアップを取る手順③

次にLINEがGoogle ドライブ(アカウント)側にアクセスするためのリクエストが表示されるので、「アカウントの選択」でバックアップするアカウントを選択します→「許可」をタップ。

続いて表示される「Google Driveにバックアップする」をタップ。ここではできれば自宅などのWi-Fiに繋いでいたほうがいいです。
これでバックアップが始まり、トーク履歴がGoogle Driveにコピーされました。

Google Driveにバックアップする方法

iPhoneのiCloudに対して、Androidでは、iPhoneにずいぶん遅れましたが、ようやくLINEのトーク履歴をGoogle Driveに保存できるようになりました。その手順を順を追ってご紹介致します。

手順①

まず、Android版LINEを起動した状態からはじめます。

アプリケーション画面にある歯車マークの「設定」から「トーク・履歴」をタップします。なお、トーク履歴のバックアップ・復元というボタンも新しく追加されていますので、スマホを紛失したり、機種変更をしてもトーク履歴をすぐ復元できるようになりました。バックアップ・復元というボタンが追加されたため、スマホを紛失したり、なんらかの不具合にも対応できるため、一応は安心できますね。

手順②

「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップし「トーク履歴のバックアップ&復元」というページを開いておきます。こちらは比較的近年になってAndroidの機能に追加されました。追加されるまでは標準で履歴が取れる機能がなかったので、バックアップを取っておらず、ひやひやしていた人も多いのではないでしょうか。今となっては、これまで履歴の機能がなかったのが不思議に思えます。

手順③

「Google Driveにバックアップ」というGoogleアカウントのボタンがありますので、それをタップして実行すればOKです。

このようにGoogle Drive側の設定は以上の3ステップなので、とても簡単です。思いついた時にバックアップをとっておきたいですね。

手順④

こんどはLINE側の設定です。LINEを開いた状態で作業しているので、LINE側から「利用規約とプライバシーポリシーに許可しますか?」と質問されますから、「許可」をタップします。これでGoogle Driveにバックアップがコピーされました。

なお、機種変更などをした時は、LINEのアカウントにログイン後、情報を引き継いでから、トーク内容のバックアップと復元のページを開き「復元」ボタンをタップするだけで、以前のスマホで行っていたトーク内容を引き継ぐことができます。

これはiPhoneで言えばiCloudでLINEのトーク内容を引き継ぐのに相当する、強力なバックアップツールです。備えあれば憂いなしなので、気がついた時に早めにLINEのトーク内容などのバックアップをとっておくのがおすすめです。

Androidのバックアップ方法のまとめ

ここではAndroidのバックアップの方法をご紹介致しました。使いやすい方法で構いません。大切なデータを失わないためにもこまめなバックアップをお勧めいたします。

いざという時に困らないようにするためにも、定期的にバックアップを取るようにしていきましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

f42cd8bac1597ba2dc2ea5b56575c046_s

指紋認証アプリを使ってセキュリテイ対策を!ただし、危険性も!

指紋認証と聞くと何を思い浮かべ …

Facebookでのご購読が便利です