Androidアプリの自動アップデートの停止方法

LINEで送る
Pocket

and1-1
スマートフォンは、いろいろなアプリケーションを追加することで、便利に使えます。そして、Androidアプリだと、インストールしているアプリケーションに更新があった場合は自動でアップデートされるようになっています。

便利ですが、あまり使わないアプリケーションでも時と場所を選ばずにアップデートされ、スマホの動作は遅くなったり、キャリアのデータ通信の容量制限にかかってしまう原因になるなど、困ってしまう場面があります。そんな時は自動アップデートを止めてしまいましょう。

アップデートしないわけではないのです。必要なアップデートを手動で更新する方法を考えます。

スポンサーリンク

1.すべてのAndroidアプリの自動アップデートを停止する

すべてのアップデートを手動にしてしまいます。まず「Googleplay」を開きます。

and1-2

左上部の横三本線のメニューアイコン(「三」みたいな表示)をタップします。表示されたメニューを下に送って「設定」をタップします。

and1-3

「設定」画面が表示されますので「アプリの自動更新」右のアイコンをタップします。

and1-4

「アプリの自動更新」ウィンドウが開きますので、「アプリを自動更新しない」にチェックを入れます。

and1-5

ここで、「Wi-Fi接続時のみアプリを自動更新する」を選択すると「自宅でWi-Fiを使っていて外では容量制限があるデータ通信を使っているから、アップデートは自宅のWi-Fiにつながっている時だけまとめて行う」といった運用が可能で、データ通信容量の節約につながります。

2.特定のAndroidアプリのアップデート方法を設定する

自分でインストールしたアプリは最新版を使いたいけど、プリインストールされているアプリで、全く使わないアプリの自動アップデートは停止したいような場合には、個別にアップデートの設定ができます。

「Googleplay」の「マイアプリ」で「インストール済み」アプリの一覧から目的のアプリを開きます。

and1-6

アプリ画面右上の点が三つ縦に並んだアイコンをタップするか、スマホのメニューをタップすると「自動更新 □」が表示されますので、チェックを外します。

and1-7

3.使わないプリインストールアプリは完全に停止させる

自分でインストールしたアプリは使わなくなればアンインストールできますが、初めからインストールされていたアプリはアンインストールできません。そして、手動に設定しないと自動アップデートされてしまうのです。

そもそも使わないアプリであれば「強制終了」してしまうのも一つの方法です。「強制終了」はスマホの設定メニューから行います。

and1-8

「アプリケーション」などから「アプリケーションの管理」を選択します。

and1-9

アプリ一覧画面で「すべて」を選択します。リストから不要なアプリを選択してタップします。

and1-11

どうせ停止しますので、「データを消去」で余計なデータを消去して、「強制停止」を選択すれば停止します。

and1-10

ここで、「キャンセル」ボタンの代わりに「アンインストール」ボタンが表示されている場合は、販売店などでインストールしたアプリですので、不要であればアンインストールできます。

ここでは、あくまでも使わないことがわかっているアプリを停止することが大切です。よくわからないアプリを停止させてしまうと、実はシステムで使っているサービスで不具合が発生する場合もあります。

まとめ

Androidアプリは自動アップデートすることを前提に作られています。このアップデートを停止するわけですから、必要なアップデートは自己責任で適切な間隔で実行する必要が出てきます。

自動アップデートを停止して、そのまま使い続けるというのではなくて、アップデートできるときに、必要なアップデートかどうかを判断して、手動でアップデートすることが必要になってきます。

必要なアップデートを適切な時に自分の意思で行うことで、よりスマホが身近に感じられると思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です