android端末のデータバックアップの仕方とバッテリーを長持ちさせる方法

LINEで送る
Pocket

androidなどのスマートフォンは落としたりするだけでも簡単にデータが破損してしまいます。加えて、androidのスマートフォンやタブレット端末を使用しているうちに、新品の時よりもバッテリーが減るのが早く感じる場合があります。今回はそういった問題点を解決するために、データのバックアップの仕方やバッテリーを長持ちさせる方法を紹介いたします。

スポンサーリンク

バックアップの方法

588621ba531e45353e90416755d2d0f5_s
androidでデータを保存する方法としては3種類あるのですが、1つ目はGoogleアカウントとの同期、2つ目はアプリを使ってのバックアップ、3つ目はパソコンにバックアップデータを保存しておく、この3種類の方法になります。

Googleを使った方法

まずはGoogleを使った方法ですが、保存できるデータとしては•Googleアカウントと同期済みのアプリデータやブックマーク、各種設定、Wi-Fiのパスワードなどになります。

手順ですが、まずはスマートフォンの「設定」の欄から「Google」をタップします。次に「アカウント」でGoogleアカウントをタップします。

そして最後に同期したいサービスを選択すれば保存の完了です。復元をする場合には新しいスマートフォンを起動して、移行元と同じGoogleアカウントにログインをすればデータの復元ができます。

アプリを使った方法

次にアプリを使った方法ですが、そもそもアプリは数多くありますので、ここではその中でも使いやすいアプリをご紹介していきます。
使いやすく利用者も多いのが「JSバックアップ」になります。このアプリで保存できるデータは標準アプリデータ、画像、音楽、動画、文書データなどになります。これらのデータをSDカードやDropbox、Google Drive、Sugarsyncなど好みの保存先を選択することができます。1つ目のGoogleアカウントよりも多くのデータを保存できる特徴もあります。
また画像や動画はデータサイズが大きい為、Wi-Fiに接続をして移行をするのが良いでしょう。また所要時間も30分程度かかりますので、そのつもりで作業をするようにしてください。
それでは手順ですが、初めにアプリを起動して「バックアップ」を選択します。次にデータの保存先を選択して、保存内容を確認したら「スタート」をタップして保存が開始されます。

復元する方法ですが「復元」を選択して復元内容を確認して問題なければ「スタート」をタップすれば復元が開始されます。

パソコンに保存する方法

最後にパソコンに保存する方法で、これはパソコンの他にパソコンと接続するUSBケーブルも必要になりますが、それがあれば特別なソフトやアプリを使うことなく保存と復元ができます。
手順はパソコンとスマートフォンをUSBケーブルを使って接続をします。そうしたらパソコン側で「コンピューター」をクリックして、スマートフォンの機種名が書かれた部分をダブルクリックします。
次に「内部ストレージ」をクリックしたら保存したいフォルダーをコピーします。ドキュメントなどの分かりやすい場所を選んだら、その場所に新規フォルダを作成して、そこにコピーしたデータを張り付ければ完了します。SDカードにもデータが保存されている場合には、そのデータもコピー&ペーストで保存しておくと良いでしょう。フォルダ名も「androidデータ」など分かりやすい名前にするようにしてください。

データを復元する方法ですが、データ移行先のスマートフォンをパソコンと接続をして、上記の方法で「内部ストレージ」を開いてください。
次にパソコンに保存しておいたデータが入っているフォルダを開いて、それぞれの中身をコピーして「内部ストレージ」の各フォルダに移動させていけば復元が完了します。

その他注意点

以上が3種類の方法ですが、どれか1つの方法で保存をしておくのでも良いですが、それぞれの保存方法全てで保存をしておくことで、より厳重にデータを保管することができますので、複数のバックアップデータを取っておくようにしてください。

android端末のバッテリーを長持ちさせる方法

androidのスマートフォンやタブレット端末を使用しているうちに、新品の時よりもバッテリーが減るのが早く感じる場合があります。バッテリーの劣化によっても電池の持ちが悪くなりますが、android特有の問題で消費電力が増えている可能性があります。簡単にandroid端末のバッテリーを長持ちさせる方法をご紹介します。

使わない機能の停止

携帯端末で多くの電力を消費する部品には、ディスプレイのバックライトがあります。周囲が明るい場所であればバックライトを明るくする必要がありますが、暗い場所で使用する際は明るさを落とすようにしましょう。端末を回転させた際に画面の縦横が切り替わりますが、縦または横方向に固定しておけば消費電力を減らすことができます。地図や速度計などを使用しない時は、GPS機能をオフにしておくようにしましょう。使わない機能を停止するだけでも、大きな節電効果が期待できます。

夜間電話を控える

夜間に電話が鳴っても取らないようにしている人もいます。夜間に使用しないのであれば、機内モードに入れておくことができます。電波の送受信も多くの電力を消費します。このため、夜間に端末を使用しないのであれば、電話回線とWi-Fi通信の両方をオフにして節電することができます。

システムの再起動

モバイル端末もパソコンのように複数のアプリを同時に起動することができます。モバイル端末がパソコンと違う点は、一部のアプリが暴走してもユーザーが気付きにくいことです。パソコン用のOSであれば一部のアプリケーションソフトが暴走するとOSがフリーズするのですぐに分かります。これに対してandroidでは一部のアプリが暴走した状態であっても、他のアプリは正常に動作します。モバイル端末は何日も再起動をしないで使用することができます。このため、もしも一部のアプリが暴走した場合でも、何日間もずっとCPUが大量の電力を消費し続けてしまいます。アプリの暴走を止めるために有効な方法は、システムの再起動を行うことです。1日1回程度の頻度でシステムを再起動するだけで、バッテリーの持ちが改善する場合があります。

使い終わったアプリの停止

アプリが暴走していなくても、多くのアプリがバックグラウンドで起動していると電力を消費して電池の持ちが悪くなる場合があります。androidは一度アプリを起動して他のアプリを起動すると、先に起動したアプリが非アクティブ化してバックグランドで起動した状態が続きます。このため、使い終わったアプリは意識して停止するように心がけるようにしましょう。

節電アプリのインストール

ある程度端末を使いこなせるようになると、多くの便利なアプリをインストールして利用します。バックグラウンドで起動中のアプリの電力消費を抑えるために、節電アプリをインストールして利用することができます。節電アプリは無駄なプロセスを停止するものや、それぞれのアプリを起動した場合の残り時間を計算して表示してくれる機能が付いているものがあります。節電に役立つ助言をしてくれる節電アプリもあるので、アドバイスにしたがって電力消費を抑えるような使い方をすることができます。
端末の操作をしない時は、スリープモードに入っています。実は、スリープモードでも一部のプログラムが稼働していて、電力を消費しています。スリープモード時の待機電力を節約することで、利用可能時間を延ばすことができます。スリープモード時の電力消費を抑える方法は、専用の節電アプリをインストールすることです。

バッテリー交換

いろいろな方法で節電しても電池の持ちが悪い場合は、バッテリー交換をする必要があります。最近はバッテリーの着脱ができる端末も販売されているので、ヘビーユーザーであれば着脱式の端末を選ぶことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はandroidユーザーを悩ます問題についてみてきました。
こうした問題はある程度対策を立てることができるので、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です