Home / Amazon / AWS / amazonのクラウドサービス!AWSのメリット・デメリット

amazonのクラウドサービス!AWSのメリット・デメリット

Pocket

多くの方がネットショッピング等で一度はamazonを利用したことがあるのではないでしょうか?

amazonは最近では、クラウドサービスでもユーザーを増やしてきています。本記事では、amazonが提供するクラウドサービスと、利用するにあたってのポイント、メリット・デメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

amazonが提供しているクラウドサービスAWS

クラウドサービスとは

クラウドサービスとは、ネットワーク経由で利用者に提供しているサービスのことで、ソフトウェア機能を提供するSaaSやアプリケーションサーバなどのプラットフォームを提供するPaas、デスクトップ仮想化などインフラ機能を提供するIaaSなどがあります。

ネットワーク上で提供するため、利用者は特別なハードウェアなどを揃えなくてもさまざまな機能を使えます。amazonといえば、最初は本の販売で知名度を高めましたが、今ではクラウド分野で注目されています。

発送の早さや条件次第で無料になる送料等、何かと話題を集めている企業ですが、実は話題性だけでなく堅実なサービス開発も行っているのが特徴です。クラウドサービスはその一つで、使った分だけ料金が発生する、仮想環境が使えるのが魅力的です。

 

amazonのクラウドワークス

amazonは自ら使い方を提示することで、新たな可能性や発展の余地を示しています。例えば、ネットショップで購入した楽曲はオンラインストレージに保存されるので、何時の間にか知らない内に利用していることになります。

また、大切なデータを保存したり複製を残すことが出来る、バックアップストレージとしての活用も可能ですから、個人にも利便性や利点があることが分かります。

研究分野では、研究の為に幾つかの計算機が必要、でもハードウェアを用意する程ではない、といった場合に活用されます。勿論、予算が限られる場合にも役立ちますから、購入するよりレンタルする感覚で使えるのがメリットです。

予定より早く必要なくなった時は、クラウドサービスの設定画面からリソースを解放することで、利用を途中で中止することが出来ます。当然ながら、当初の予定に比べ早く使い終えることを意味するので、最初の試算より利用料金が増す恐れはありません。

むしろ、利用時間が短縮する分、使って発生する料金は減少しますから、使い方次第で無駄なくお得になることに気が付けます。何より、amazonが提供する仮想マシンは高性能なので、他のクラウドサービスでは時間が掛かる処理も、短時間で簡潔に終えることが可能です。

性能は効率化に結び付き、高い効率は時間短縮に繋がりますから、結果としてコストが下がっても不思議ではないでしょう。まさに、amazonが提供するサービスは理想的な環境で、用途に応じ納得出来る料金で使えるのがポイントです。

アマゾンウェブサービス(AWS)とは

AWSはAmazonが提供する100種類以上のクラウドコンピューティング・Webサービスの総称のことです。クラウドサービスを提供している企業はたくさんありますが、AWSは世界トップシェアを誇ります。

AWSは、EC2やS3、CloudWatch、RDSなどのサービスが提供されており、Webサイトやバックアップ、災害対策、ビッグデータ、IoT、アプリケーション、企業内ネットワーク、セキュリティなどに使用ができます。

従量課金制のため、利用した分だけ料金が発生する仕組みです。信頼性やセキュリティも高いため、多くの企業が導入をしています。

ここでは、数あるAWSサービスの中から、主なものを紹介します。特に多くの人が利用するであろうAWSのAmazonEC2やAmazon CloudFront、Amazon S3などについて基本的内容は把握しておきましょう。

 

初心者でも利用しやすい

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

AWSの見積もりと料金体系

近年、クラウドサービスの認知度 …

Facebookでのご購読が便利です