空き巣を絶対に入れさせない空き巣対策8選

LINEで送る
Pocket

732448f890168df2212942a001ad6570_s

空き巣に効果的な対策はどういったものがあるのでしょうか?一軒家でもマンションでも多発しており、金銭や宝飾品、個人情報などが持ち出され、大きな被害を被ってしまいます。近年、持ち出された個人情報を元に2次被害も多いため、想像以上の被害を受ける場合もあります。

今回は、そんな空き巣に絶対に入らせないようにするための、効果的な空き巣対策8選を紹介いたします。空き巣にあってからでは遅く、対策はいくつしておいても損することはありません。一つひとつ確認していきましょう。

スポンサーリンク

絶対に入れさせない空き巣対策8選

窓ガラスに保護フィルムを貼る

空き巣犯は、ほとんどの侵入を窓からおこなっています。窓ガラスをドライバーなどで割る「こじ破り」や、ガスバーナーなどで加熱した後にガラスを割る「焼き破り」、パールなどの堅いおので窓ガラスを打り割り侵入する「打ち破り」などの方法で窓ガラスを割り、鍵を開けて中へ家の中へ侵入してきます。

窓ガラスに保護フィルムを貼ることによって、窓ガラスの耐久性が高まり割れにくくなるため、侵入までの時間を稼ぐことができるようになります。侵入に5分以上の時間がかかる場合は、侵入を諦める空き巣犯が7割いると言われていますので、少しでも割れにくくすることは、重要な空き巣対策の1つとなります。

窓用の補助錠を付ける

空き巣の6〜7割近くが窓から侵入すると言われ、その手口は窓ガラスを割って窓の鍵を開けて侵入する方法です。窓用の補助錠を付けることで、侵入に時間をかけることができますし、防犯意識の高い家という印象を与え、空き巣犯に犯行を諦めさせる効果も期待できます。窓ガラスを割ってクレセント錠を開けたとしても、補助錠を開けない限り窓を開くことができません。

鍵が多いほど、侵入に時間をかけることができ、犯行を諦めさせることができますので、簡単にできる効果的な空き巣対策の1つです。補助錠は、2,000〜3,000円程度で販売しているものも多く、窓枠の下にも上にも取り付けることができます。

窓に振動アラームを付ける

空き巣に侵入されやすい窓に、振動アラームを取り付けることで、空き巣対策を施します。振動アラームは、取り付けている窓に不自然な振動があると、大きなブザー音を鳴らし不審を周囲に知らせる防犯グッズです。磁気と連動していて誤作動しにくいアラームもあります。

10,000円前後で販売されているものが多く、スマートフォンと連携できるものも多く、外出していても振動を感じアラームが鳴れば、手元のスマートフォンにも知らせてくれます。近所の人も気付くような大ボリュームの警報音が鳴り響きますので、空き巣犯にとって厄介な防犯対策グッズです。できれば、各窓に1つ取り付けておきたいものですね。選ぶ際は、なるべく誤作動が少ないものを選ぶようにしましょう。

窓に面格子を取り付ける

賃貸マンションやアパートでは後から取り付けることは難しいですが、持家の一軒家であれば、空き巣対策として窓に面格子を取り付ける方法があります。面格子があれば、窓を割って鍵を開けたとしても、侵入することは容易にはできません。

外から見ても一目で空き巣対策をしていることもアピールできるので、「侵入しにくい家」という印象を与え、犯行を防止する効果も期待できます。なかにはバールのようなもので面格子を壊し侵入を試みる空き巣犯もいますが、侵入までに時間をかけることができます。窓に面格子を取り付ける場合は、少しでも頑丈な素材のものを付けるようにしましょう。

センサーライトを取り付ける

侵入される可能性のある窓の近くにセンサーライトを取り付けることも、空き巣対策の1つです。特に、夕方〜夜にかけての侵入に効果的で、人の気配を感じて自動でライトが点灯されますので、空き巣犯も光りにビックリして犯行を止める可能性があります。

また、ライトで照らすことにより、近所へ不審者を知らせることにもなりますので、効果も期待できます。外に付ける場合は、極力、光が強くセンサーの反応も良質なものを選ぶようにしましょう。高性能なものは値段も高いですが、出来る限り、窓の数や侵入されやすい経路には取り付けておきたいですね。

防犯カメラを取り付ける

高額ですが、防犯カメラを取り付けると空き巣対策には非常に効果的です。空き巣犯としては、仮に空き巣に成功したとしても、防犯カメラの映像でバレてしまう可能性がありますので、わざわざ捕まるリスクがある家に侵入しようとは思いません。しかし、防犯対策の効果が高い分かっていても、防犯カメラ1台取り付けるだけで20万近くする場合が多いため、なかなか踏み出せません。

本物の防犯カメラは無理でも、効果の高い防犯対策をおこないたい場合は、ダミーの防犯カメラを設置しても良いでしょう。実際、多くのダミー防犯カメラが販売されており、価格も数千円程度で求めやすいものとなっています。ただし、ダミーカメラを取り付ける場合は、くれぐれも本物のように見えるクオリティの高い製品を選ぶようにしましょう。偽物をバレてしまっては何の意味も持たなくなってしまいます。

人感チャイムセットを付ける

人感チャイムセットを取り付ければ、空き巣犯が侵入しようとしても、センサーが人の気配を感じ、警報音を大音量で鳴らし続けます。周囲や近所にも聞こえるような大きな音量なので、空き巣犯も人に見つかるのを恐れて、犯行を諦めることが期待できます。外に取り付けることもでき、スマートフォンと連動するタイプもあります。

家族がセンサーの場所を通ったりするときは、電源を切ることもできますので、誤作動もなく安心です。外にいるときでも、異常を感じたら警報音と共に、スマートフォンへのお知らせ設定をすることもできますので、すぐに異常を把握することができます。あまりの音のうるささに、近所からすると迷惑になることもありますが、その分、空き巣犯の犯行を抑止する効果を高く期待できます。外と室内と両方に取り付けると更に効果的です。

ホームセキュリティの導入

プロの警備会社に、24時間体制でホームセキュリティを依頼することができます。ホームセキュリティを頼めば、警備会社のステッカーを家に貼ることができますし、監視カメラとセンサーも取り付けられるので、防犯意識の高さをアピールでき、空き巣を未然に防ぐ効果が期待できます。カメラの映像は外出先でもスマートフォンから確認できますので安心です。

もしも異常を感じた場合は、すぐに警備スタッフが家に来てくれるので安心で、心強いです。万が一、空き巣の被害にあった場合は、被害によって保険金が支払われることもあります。しかし、ホームセキュリティを依頼したからといって防犯意識が希薄になってはいけませんので、安心しすぎないように注意する必要はあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?空き巣に効果的な8つの対策を紹介いたしました。を空き巣から100%守る絶対的な対策というのは存在しませんが、紹介した対策を施すことにより、空き巣の侵入を未然に防ぐことができる可能性が高まります。予算がかかるものや、手軽にできるものなどありますが、1つでも多くの空き巣対策をしておくことで、空き巣を防げる可能性が高くなりますので、手が届く範囲のものから対策を施していくと良いでしょう。ぜひ、参考にしてみてください

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です