Home / ネットワーク・IT / Wi-fi / 飛行機の中でSNS!無料でWi-Fiが使える航空会社10選

飛行機の中でSNS!無料でWi-Fiが使える航空会社10選

Pocket

「飛行機の中でもSNSやネット検索をしたい」「飛行機の移動時間を利用して仕事をしたい」など思っている人は多いのではないでしょうか。国内ではJALやANA、海外ではJetBlue AirwaysやEmiratesなど、機内Wi-Fiを無料で利用できます。

ここでは、無料でWi-Fiが使える航空会社や注意点、繋がらない場合の対処法などについて紹介しています。この記事を読むことで、快適に無料機内Wi-Fiが利用できるようになりますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

Wi-Fiを無料で利用できる航空会社

まずは、機内でWi-Fiが無料で利用できる、国内・国外の航空会社について見ていきましょう。これらを把握しておくことで、機内でも無料で快適なインターネット利用ができます。

国内

国内線の飛行機は、JALとANAが無料でWi-Fiの利用が可能です。それぞれ、ただWi-Fiが無料で利用できるだけでなく、コンテンツ配信など独自サービスも提供していて、空の上でも快適な時間を過ごせます。それぞれの無料Wi-Fiの特徴は以下のとおりです。

JAL

国内の航空会社でいち早く無料Wi-Fiを取り入れたJAL。無料Wi-Fiを利用すれば、機内でネット検索やSNS、メッセージの送受信だけでなく、70チャンネル楽しめるビデオプログラムやスポーツ中継やニュース番組がリアルタイムで視聴できるライブTVなど利用できます。

JALの無料Wi-Fiを利用するには、Googleアカウントへの登録が必要です。Googleアカウントへ登録をすると、専用サイトやアプリから簡単にWi-Fiへ接続できます。

すべてのクラスで利用できますが、サービスを提供していない運航路線もあるため注意が必要です。無料Wi-Fiサービスの有無は、サイトの空席照会時に確認できます。

ANA

ANAの国内線でも無料Wi-Fi「ANA Wi-Fi Service」が利用できます。普段から使っているアプリで検索やSNSができるだけでなく、ドラマやバラエティ、アニメ、オーディオ、e-books、ニュース、スポーツ中継など、約100のコンテンツが搭載されたサービスを無料で楽しむことが可能です。

ANAの無料Wi-Fiを利用するには、搭乗前までに公式アプリの「ANAの」をダウンロードしておく必要があります。あとは、搭乗した後にアプリを起動し、サイドメニューから「国内際機内Wi-Fi」をタップすれば接続でき、さまざまなサービスを利用可能です。

無料Wi-Fiサービスは、すべての運行路線で提供されているわけではありません。提供されている便かどうかは、空席照会結果画面や予約詳細画面から確認できます。

国外

海外の航空会社で無料でWi-Fiが利用できるのは以下のとおりです。

  1. Norwegian Air Shuttle(ノルウェー)
  2. JetBlue Airways(アメリカ)
  3. Air China(中国)
  4. China Eastern Airline(中国)
  5. Nok Air(タイ)
  6. Turkish Airlines(トルコ)
  7. Emirates(アラブ首長国連邦)
  8. Philippine Airlines(フィリピン)

また、有料であれば、さらに多くの航空会社でWi-Fiが利用できます。ただし、有料Wi-Fiの場合は利用料金が高めなため、気をつけないと想定以上の金額を請求されてしまいます。

たとえば、主な海外の航空会社であれば利用プランごとに以下の料金がかかります。

●アメリカン航空

  1. 2時間プラン:$12.00
  2. 4時間プラン:$17.00

●シンガポール航空

  1. 1時間プラン:$11.95
  2. 24時間プラン:$21.95

●デルタ航空

  1. 1時間プラン:$7.00
  2. 1日中プラン:$19.00

次ページ:Wi-Fiを使う時に注意すること

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

安全とは限らない!ホテルのWi-Fiに潜む危険と厳選ルーター2つ

ホテルで提供されているWi-F …

Facebookでのご購読が便利です