アジャイルとは?アジャイル開発のメリットと手法、ツール

LINEで送る
Pocket

5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s

ソフトウェアなどのシステム開発の多くの現場では、アジャイル型開発をおこなっています。今でこそ、アジャイルという言葉よく聞くようにもなりましたが、どのような意味を持つのでしょうか。

また、どのような特徴があるのでしょうか。今回は、「アジャイルとは?アジャイル開発のメリットと手法、ツール」について紹介いたします。

スポンサーリンク

1.アジャイルとは

アジャイルとは、俊敏、素早い、身軽などの意味を持っています。IT化が進むことで使われるようになった言葉でもあり、イテレーションと呼ばれる短期間のなかで、開発をおこなっていき、フィードバックによって中身や工程を見直しリスクを極力抑える方法でもあります。

従来良く使われていたウォーターフォール型開発とよく比較されます。

2.アジャイル開発のメリット

4b0b2d2a935788253dfda6b9e9ceaf52_s

ここでは、アジャイル開発をおこなうことによるメリットについて紹介いたします。

1.手戻りを減らせる

アジャイル開発では、短期間で開発・提供をおこない反復していくので、提供時にクライアントやユーザーから要望があっても、戻して作り直す工程が短くて済みます。

従来は、すべてを完成させて提供をしていましたが、これでは、もし作り直しになった場合に、最初からやだいぶ工程を戻って作らないといけなくなる可能性もあるため、大変な手間がかかります。

アジャイル開発では、都度、短い機関で提供をしていくため、要望が入っても次の開発機関で修正することもでき、クライアントやユーザーから満足度の高い状態で完成させることもできます。手戻りを減らせることは、作業効率を上げ、全体の士気が下がるのも防ぐことができます。

2.ミスや修正点を発見することができる

アジャイル開発は、短期間で開発をおこない提供するので早い段階でミスや修正点を発見することができます。

すべてを完成させた後に提供やテストとなると、ミスや修正点が見つかりにくく、直すのにも相当な労力がかかりますが、アジャイルであれば、早い段階でミスや修正点を見つけることができ、再度設計からやり直すことができます。

早めにミスや修正点を無くしていくことで、大きなバグなどに繋がる原因を排除していくことができます。

3.開発のスピードが上がる

アジャイル開発をおこなえば、短期間で開発をすることができ、ミスや修正、手戻りを最小限に抑えることができるので、開発にかける全体の時間を短縮することができ、クライアントからの短納期にも応えることができます。

ウォーターフォール型開発と比べても短いイテレーションで開発をおこなっていくアジャイル型開発は速いスピードで完成させることができます。

4.変化に対応できる

顧客やクライアントに何度も試作品を確認してもらうことができるアジャイル型開発は、短期間で設計や開発、テストを回すため、仕様変更や追加の要望にも柔軟に対応することができます。

元々、アジャイル型開発は、適応性を重視した開発手法でもあり、イテレーションの区切りで要望などを元に次のものを組むことができます。時代の流れが速いことから、ターゲットとなる顧客やユーザーの趣向が変わる場合もあります。

そのため、クライアント側からも、ソフトウェアの制作を依頼した当初とは違ったものを作って欲しいという要望がある場合も出てきます。アジャイル型開発であれば、こういった変化にも迅速に対応することができます。

5.顧客の意見を取り入れながら仕事ができる

アジャイル型開発のメリットの1つに、顧客の意見を取り入れながら仕事ができることがあります。アジャイル型以外の開発であれば、顧客から意見を聞けるのは、最初の設計や開発段階だけです。

アジャイル型開発であれば、何度も試作品を顧客に提供するため、顧客の意見を取り入れながら開発を進めていくことができます。使用するのは顧客なので、その顧客からダイレクトに意見をもらい続けることができるのは、開発にとって大きなプラスになります。

6.経験値を積むことができる

アジャイル型開発を使うことで開発に関わる人は、通常の開発に比べ何倍もの経験値を積むことができます。何度も定義から設計し実装したものをテストをして顧客から要望や意見を伺い、また繰り返します。

従来の開発であれば、一連の流れは1回しか経験しませんが、アジャイル型開発であれば何度もそれぞれの工程を経験できるので、大きな経験値をプロジェクトチームや各個人が得ることができ、成長することができます。

3.アジャイル開発のツール

3ec9bcdb9fd5a158f1e2fd13b2987c03_s

ここでは、アジャイル型開発の際に使えるタスク管理ツールについて紹介いたします。

1.Startrack Tracker

Startrack Trackerは、アジャイル型開発のプロジェクトを管理するためのソフトウェアです。複数メンバーでタスク管理していくことができます。イテレーションごとにタスクステータスを管理でき、操作もしやすいためおすすめです。

2.Eylean

Eyleanは、まるでホワイトボードに付箋を貼りタスク管理するのと同じようなデザインになっています。一目で状態が分かり、完了したものから付箋を外し、イテレーションに合わせて、管理できるのでとても便利です。

3.TRAC

TRACは、タスクをチケットのように見立てて、各作業のタスクを管理することができます。ガントチャートを作ることもできるので、分かりやすくタスク管理をしていくことができるので、タスク処理が速いアジャイル型開発にもピッタリです。

4.TAIGA

TAIGAは、アジャイル型開発を支援するプロジェクト管理ツールとなっています。全体を見渡せるかんばんボードのデザインが見やすいため、非常に分かりやすくタスク管理することができます。ユーザーごとに権限のグループの設定などもでき、細かく決めることができます。

5.Wekan

Wekanはシンプルにタスク管理することができます。必要最低限の機能だけを搭載し、見やすく操作しやすいため、シンプルなTODO管理ができます。素早く状況を把握できるので、複雑なタスク管理が必要ない場合は、Wekanで十分にコミュニケーションや管理することができます。

6.Restyboard

Restyboardは、多くの機能が搭載されたタスク管理ツールです。ボードで進捗状況の確認ができたり、デスクトップ通知、カレンダーの表示など、他のタスク管理ツールにはない機能が搭載されています。

ボードの背景には写真を使うことができたり、チェックリストなどもあるため、さまざまなタスクを多くの視点から確認・管理ができます。シンプルなタスク管理ツールに慣れている人は抵抗があるかもしれませんが、多機能タスク管理を使いたい人は、とても重宝するツールになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、「アジャイルとは?アジャイル開発のメリットと手法、ツール」について紹介いたしました。アジャイル型開発をおこなうことにより、短期間で開発をおこない手戻りを減らすことができます。ミスの早期発見や顧客の意見を都度反映させることができたり、変化に対応でき開発のスピードも上がります。

さらに、開発に関わるメンバー・企業は、高い経験値を積むことができ、開発のノウハウを蓄積して精度を高めることができます。アジャイルに適したタスク管理ツールも多く登場していますので、使いやすいものを使ってみると良いでしょう。アジャイルを始めて聞いた方も、今後の参考にしてみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です