Home / デザイン家電 / テレビ / 値段が高い!?8Kテレビを買うときの8つのポイント

値段が高い!?8Kテレビを買うときの8つのポイント

Pocket

4Kテレビが世間にようやく浸透し始めて間もないですが、テクノロジーは進化をとどまることを知らずにに4Kテレビに次いで8Kテレビが発売されようとしています。

4Kテレビもまだまだ価格が高額ですが、地デジ放送を見ることが一般的です。ですが、4K放送や8K放送は早い事業者では2018年12月1日から放送が開始されます。

8Kテレビもまだまだ高額ですが、こちらでは8K放送についてや8K放送の魅力、8Kテレビの買い時と注意点についてご紹介致します。

スポンサーリンク

8K放送で知っておくべきこと

まずは、8K放送で知っておくべきことを3にピックアップしてご紹介致します。8K放送を見る前に、8K放送とは一体何なのかという点についてしっかりと抑えておきましょう。

4K放送とは異なる

すでに4K放送はひかりTVなどでコンテンツが配信されていますが、2018年12月1日から新しく始まる8K放送とは仕様が異なります。例えばスカパーやひかりTVやNetflixでは4K画質のコンテンツが配信されています。

ですが今回の8K放送は、アナログ放送が地デジ放送に切り替わったようにそもそもの仕様が異なります。すでに始められている4Kコンテンツの放送はどれも有料であることがスタンダードです。

しかし、今後始まる8K放送はアンテナやチューナーや対応しているテレビなど、8K放送を見るために必要なアイテムが揃っていれば無料でコンテンツを観ることが出来ます。

この点は、すでに始まっている4Kコンテンツの配信とこれから始まる8K放送の大きな違いであると言えます。

アンテナ交換が必須

8K放送を観るためには、それ専用のアンテナが必要となります。8K放送を行うための衛星は従来と同じものを使用しますが、使用するチャンネルの数が大きく増えるため、これまでに家庭で使っていたBS放送や地デジ放送のアンテナから専用のものに切り替える必要があります。

なお、アンテナを切り替えてもこれまで通りのBS放送や地デジ放送を観ることができるため、アンテナは早めに交換をしておいた方が良いです。

8K放送対応の8Kテレビの発売はまだまだメーカーが様子見をしていて中々リリースが無いですが、アンテナに関しては既に発売が開始されています。

テレビの購入をする前に、アンテナの取替工事だけをしておくのもアリです。

地デジは8K放送にはならない

上記でも触れたように、8K放送はアナログ放送が地デジ放送に切り替わったように根本が異なる新しい放送のため、地デジ放送対応のアンテナのまま8Kテレビにしたからといって8K放送になるわけではありません。

ですが、アナログ放送が地デジ放送に切り替わったときとは異なり、8K放送が開始されてからも地デジ放送は見続ける事が出来ます。その場合は地デジ放送のフルハイビジョン画質のままとなりますが、無理に切り替える必要がないという点はメリットです。

地デジとの値段相応の変化

8K放送を見るためには、8K放送を見るためのアイテムをいくつか揃える必要があります。また、8K放送に対応している8Kテレビはまだまだ価格が高額であるという側面も持っています。

ですが、そういった価格についてデメリットとも言える面を考慮したとしても、8K放送にはその価格に見合うだけの価値や変化があります。どのように変わるのか、特徴を見ていきましょう。

臨場感がすごい

地デジ放送では、1,920×1,080画素というフルハイビジョン画質で放送されています。ですが8K放送では、7,680×4,320画層というかなり良質な解像度をもった画質で放送されます。

この解像度は、地デジ放送の16倍の解像度となります。つまり、地デジ放送よりも16倍キレイで鮮明にテレビを観ることが出来るようになるということです。すでに販売されていてご家庭で使用している方も多い4Kテレビでも3,840×2,160画素という解像度なため、地デジ放送の4倍という解像度でテレビを観ることが出来ます。

ですが8K放送はその4倍であるかなり鮮明な解像度でテレビを観ることが出来るため、2020年に開催される東京オリンピックを観るときの臨場感がこれまでの16倍となること期待されます。

解像度とは?

8Kテレビを解説するときにどうしても出てくるワードは、「解像度」というワードです。この解像度とは、ディスプレイやテレビやプリンタなどでどれだけキレイに見えかという尺度のことを言います。

この解像度が高いほどキレイで鮮明な映像が写真を再現することが出来るようになります。なぜ解像度が高いとキレイで鮮明に見えるのかというと、解像度が高いほど1インチあたりに表現できるピクセル数が多くなるため、表現の幅がより広がりなめらかで色の深みを表現できるようになるためです。

次ページ:8Kテレビの買い時と注意点

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

これで整理上手!テレビケーブルを上手く収納するコツ6選

自宅のテレビケーブルやコードを …

Facebookでのご購読が便利です