Home / デザイン家電 / テレビ / 買うべきか買わないべきか?8Kテレビの相場価格とおすすめ3選

買うべきか買わないべきか?8Kテレビの相場価格とおすすめ3選

Pocket

テレビの進化には目覚ましいものがあり、デジタル化以降、高精細化を続けています。

フルHD(1920ⅹ1080画素)の4倍という画素である4kが浸透し、4kディスプレイが当たり前の時代となりました。そして、そんな中、現在はスーパーハイビジョンと呼ばれる8kの時代へと変化しつつあります。

8kは、7680ⅹ4320画素を持つ新しい高解像度テレビです。4kの4倍、フルHDの16倍に相当するので、100インチクラスの大画面でも、画素の粗さが気にならず、究極の臨場感が満たされる水準だと言われています。8k放送が受信できるチューナーを追加接続することで8k放送を楽しむことが可能となります。

スポンサーリンク

8Kテレビは4Kとどう違う?

そもそも4kと8kとはどんな違いがあるのでしょうか?これはそれぞれの映像のピクセル数に由来した呼び名であって、横方向が約4000ピクセルのものを4k、約8000ピクセルのものを8kと呼んでいるのです。

ピクセル数が大きくなるほどより鮮明な画像が期待でき、8kは4kの4倍の高画質映像を楽しむことができると言われています。

8kテレビならば、ほとんどの高画質カメラで撮影した画像を本来の画素数で表示することが可能です。

解像度と画素数

4kと8kを比較した場合、まず大きな違いとはまさに解像度の鮮明さでしょう。8kが7680ⅹ4320という画素数を持つ高解像度なので、4kの4倍となっています。

臨場感

男性 Men 男 男子 外国人 外国人モデル 20代 30代 ビジネスマン サラリーマン スーツ ビジネススーツ 背広 ネクタイ シャツ 白背景 ジャケット 両手 驚く ビックリ 驚愕 驚嘆 おどろく ドッキリ 仰天 ハンサム ショック mdfm045

高画質ならではの臨場感あふれる大画面が楽しめることは8kならではのメリットと言えるでしょう。また、映像だけでなく迫力あるサウンドも魅力の8kと言われています。

4kと比べると、「フレーム周波数120Hz」と表記されているように、その数が約2倍になっているのですが、そのため、被写体の動きのブレが軽減されており、はっきりとした映像を楽しむことができるのです。

膨大なデータ保存量

8kの映像を圧縮せずにそのまま保存すると、毎秒約12ギガバイトの容量を必要とするので、DVD一枚が0.3秒ほどで一杯になってしまうとされることから、どれだけ膨大なデータ保存量を必要となるかがわかります。

8K放送はいつから対応か

このところ大きな話題となっている8kテレビですが、この8k放送はいつから見ることができるのでしょうか?現在は、BS-17chで8kの試験放送が行われています。

しかし、一般家庭用のチューナーはまだ販売されておらず、一般視聴者が受信することはできません。

テレビ、チューナーの製品化

2018年12月にBS・110度CS衛星による実用放送が始まる予定があります。それに対応して、各社から8k放送を視聴することができるテレビやチューナーを製品化し、販売されることになるでしょう。

2020年に開催される予定の東京オリンピックに向けて、8k放送での視聴が期待されています。

ケーブルテレビ、インターネット回線を利用した再送信

ケーブルテレビ網、高速インターネット回線を利用した再送信も検討が進んでいます。そうなれば、衛生アンテナを家庭で用意しなくても視聴できる状況となるわけです。

次ページ:8Kテレビの相場価格

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

これで整理上手!テレビケーブルを上手く収納するコツ6選

自宅のテレビケーブルやコードを …

Facebookでのご購読が便利です