Home / 4k / 高解像度だけど調整が必須?4Kディスプレイの選びとおすすめ商品6選

高解像度だけど調整が必須?4Kディスプレイの選びとおすすめ商品6選

Pocket

最近話題の4kディスプレイは、一般に普及しているフルHDより4倍の画素数を持つモニターのことで、とても高精細、しかも綺麗な映像を映し出すことができます。

この数年では高精細ディスプレイの進化により、パソコン用の4kモニターも低価格で求めることができるようになってきました。

4kモニターのメリットを考えてみましょう。少し前まではフルHDモニターが一般的でしたが、この数年はフルHDの4倍の解像度である4kモニターが主流となりつつあり、文字、画像を綺麗に表示できるようになりました。

また、文字が見やすく、疲れにくいことや、広い作業領域を確保できるなどのメリットがあります。

パソコン作業で長時間になると、文字の表示の乱れなどで目が疲れやすくなりますが、4kモニターの高精細ディスプレイを使うことで疲れを軽減させることができるのです。

今回は4Kディスプレイの魅力と選び方・おすすめの4Kディスプレイ全6選をご紹介します。

スポンサーリンク

4Kディスプレイを使うメリット・デメリット

昨今話題の4kモニターですが、いざ購入するとなると、メリット、デメリットを慎重に検討する必要があります。

最近ではかなり安くなっているからと言っても、あらゆる情報や知識を集めてからの購入を検討する方が良いでしょう。

特にパソコンに詳しくない人にとっては、アプリの対応やハード面の知識が必要になる場合もあるので、慌てて購入する意味はないかもしれません。

もちろん、PCオーディオのハイレゾなどに興味のある人にはより良い環境を整えることができるので、4kモニターの存在は偉大なものがあります。

自分の用途や目的に合わせて、本当に必要かどうかを見極めることが大切ですね。では、実際ン位4kモニターのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

文字の美しさの極み

4kモニターを使うことのメリットは何といっても、オフィスソフトやアプリケーションの読みづらい文字をくっきりと表示してくれることでしょう。

特にワードの文章において、「デフォルトの文字がとても読みづらい」との不満の声が多いそうです。

しかし、最近では高解像度モニターへの出力を意識するようになったwindows 10が解像度に関して、様々な機能を加えるようになりました。この機能をさらに活用できるのが4kモニターの存在なのです。

マルチディスプレイ化が可能

Win10の画面出力、画像度調整機能の項目の中に、1枚のモニターをまるでマルチディスプレイのように使用できるモードがあります。

複数のモニターを設置していると、スペースを大きく取られてしまいますが、これを1枚の液晶モニターで複数のウインドウアプリケーションとして、見渡すことができるなら、これほど便利なことはありません。

オフィスなどでも大助かりですよね。特にオフィス向けの国産フルHDモニターを2枚以上購入する際、値段も4k液晶モニター1枚分に匹敵することがあり、4kモニターは大きな存在であると言えるでしょう。

高性能なグラフィックボードが必要となる

4kモニターで27インチ以上の出力をする際、対応のグラフィックボードを必要とする場合があります。

オフィスソフトやブラウジングをするくらいであれば問題はないのですが、動画サイトを利用する場合や画面を4分割以上にして使いたい人には、4k出力に最適化しているグラフィックボードがあったほうが良いでしょう。

モニター以外にもグラフィックボードを揃えるとなると、その分の3万円程度の出費が必要となります。

4Kディスプレイの選び方3つ

4kディスプレイを選ぶ際には、用途や目的によって判断することが望ましいでしょう。

作業用のモニターを選ぶのであれば「画面サイズ」重視、ゲーム用モニターであれば「応答速度」「リフレッシュレート」を確認して、求める性能を持っているかどうかを確かめます。

作業中心用の4kディスプレイ

「画面サイズ」を重要視しましょう。作業用モニターの「画像サイズ」は大きすぎるとモニターとの距離が近すぎて、眼の疲労につながります。

逆に小さすぎると高解像度のため、文字やアイコンなどが小さくなり、操作性や作業効率に影響が出てきてしまいます。

ゲーム用の4kディスプレイ

ゲーム用モニターは、操作性を重要視して、「応答速度」が早いものを選び、「リフレッシュレート」についても高いものを選びましょう。

あらかじめ製品仕様書などでどれだけのスペックかを確認しておくことをお勧めします。

複数の周辺機器を接続する場合の4kディスプレイ

スマホやタブレットなどの複数の周辺機器を同時に接続したい人には、接続端子を多く搭載した4kモニターもありますので、検討してみてください。

次ページ:サイズで選ぶおすすめ4Kディスプレイ4選

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

未体験のキレイとスゴイ 新4K衛星放送、12月スタート!!

誰もが知っているようで知らない …

Facebookでのご購読が便利です