Home / 4k / 4K対応アンテナにするべきか?4K放送を見るためのステップ3つ

4K対応アンテナにするべきか?4K放送を見るためのステップ3つ

Pocket

ここ数年、特に今年に入ってから4K放送という言葉を家電店でよく聞くようになりました。

現在の地上波デジタル放送がフルHD相当の解像度といわれていますが、4Kとはそれよりもさらに高精細な放送サービスやテレビに用いられる規格のことです。その画質の差は画素数でいえば、4KはフルHDの4倍にもなります。

4K放送はすでにいくつかのいくつかの放送サービスやインターネットサービスで始まっていますが、2017年からさらに注目を集めてくるようになりました。2018年12月から新4K衛星放送が始まること、そして各社が4K放送に対応した設備を発売することを表明していることがその理由です。

総務省は4K放送の普及を進めており、2020年の東京オリンピックを多くの視聴者が4K放送で楽しめることを目標にしています。そのため、今4K放送対応のテレビやアンテナが注目されているのです。

なお、新4K衛星放送は正確には新4K・8K衛星放送といって8Kまで対応した放送になるのですが、現状8K放送に対応予定となっているのはNHKのみとごく一部なので、ここでは4K放送のみに焦点を絞って解説していきます。

スポンサーリンク

4K対応アンテナにするべきか

2018年12月から始まる新4K衛星放送によって、4Kテレビでこれまでより超高画質な映像を楽しむことができるようになりますが、そのためには4Kに対応したアンテナが必要となります。ただし、すべての人が4Kに対応した機器に買い替える必要があるわけではありません。ここでは4K対応アンテナにするべき場合について解説します。

4K対応アンテナにする必要がない場合

2018年12月から始まる新4K衛星放送は、衛星放送と名前がついている通り、BS・110度CSの衛星放送が対象となっています。地上波デジタルは4K放送には対応しませんし、また対応する予定もないのが現状です。

そのため、テレビは地上波デジタルだけみるという方は、特に4K対応アンテナに買い替える必要はありません。衛星放送を利用しているが、特に画質にこだわりはないので4Kテレビを買うつもりがないという方も、当然4K対応アンテナは不要となります。

ただし、総務省のアナウンスでは地上波デジタルでも4K放送を実現するための研究を進めているので、将来的には地上波デジタルでも4K対応アンテナが必要になるかもしれません。

ひょっとしたら、2011年の地上波デジタル移行の時のような大きな動きがあるかもしれないので、今後のニュースに注目しましょう。

既存のBSアンテナで十分な場合

BS・110度CSの衛星放送を利用していて、画質にもこだわりがある!という方は、4K放送の高画質な映像をぜひ楽しみたいと思われることでしょう。

そうした方は、4K対応アンテナを新しく用意する必要があると思われますが、実は放送を提供する事業者によっては、既存のBSアンテナでも視聴可能です。

総務省の新4K8K衛星放送に参入する事業者」という総務省のサイトで、4K放送を行う事業者のリストが確認できます。そのリストにあるBS右旋で放送を行う事業者の放送は、既存のBSアンテナでも視聴することができます。

BS右旋やBS左旋については後程解説しますが、たとえば、「(株)ビーエス朝日」や「(株)ビーエスフジ」の放送は4K対応アンテナを新しく用意する必要はなく、既存のBSアンテナ(2K)でそのまま番組を視聴することができるのです。

4K対応アンテナが必要な場合

BS右旋で放送を行う事業者の放送は、既存のBSアンテナも視聴することができると解説しましたが、4K対応アンテナが必要となる事業者の放送もあります。もう一度、「総務省の新4K8K衛星放送に参入する事業者」を確認してみましょう。

このサイトのリストにある、BS左旋でもしくは110度CS左旋で放送を行う事業者の放送は4K対応アンテナを新しく用意するがあります。例をあげると、「(株)WOWOW」や「(株)スカパー・エンターテイメント」などの事業者の放送がそれに該当します。

どれもスポーツや映画のチャンネルが豊富な専門性の高い番組を放送している事業者ですが、これらの事業者の放送を視聴するには4K対応アンテナに必要になります。

次ページ:4Kテレビと4K対応テレビの違い

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

未体験のキレイとスゴイ 新4K衛星放送、12月スタート!!

誰もが知っているようで知らない …

Facebookでのご購読が便利です